名無しのシャンパンバー_入口街がクリスマスのイルミネーションであふれる12月は、忘年会やパーティーが最も盛んになる季節だ。飲み会やデートのスケジュール調整に苦心している人も多いに違いない。
普段は居酒屋中心という人でも、こんな時季くらいはちょっと奮発して非日常的な店に行ってみたいと思うのではないだろうか。

今回は、そんな時に使えそうな六本木の隠れ家BARをご紹介しよう。クリスマス・シーズンにぴったりなシャンパン・バーだ。ともかく店の名前も看板もなく、暗証番号を入れないとドアも開かないという隠れっぷりからして、ちょっと面白い。
場所は、六本木の交差点から渋谷方面へ進み、右側にあるローソンの2~3軒先にあるDMビルの7階
ちょうど「六本木ヒルズ」の向かいあたりで、地下にある「鮨さか井」の看板が目印になりそうだ。
名無しのシャンパンバー_看板エレベーターを7階で降りたら、右手の突き当たりの部屋が店になる。ドアを開けるには4桁の暗証番号が必要なので、あらかじめ電話で聞いておこう。
ドアの右上にある小さな黒いパネルが一応看板らしく、店のマークとなる泡模様が描かれている。

オープンは2006年9月。店内は、カウンターとテーブル・フロアとに分かれ、個室風のスペースもある。席数は全部で24席だから、けっこう小さめだ。
しかし、照明を暗く落とした店内には、シャンデリアや額装された鏡、ゆったりとした黒革のソファが置かれ、映画『ゴッドファーザー』にでも出て来そうな雰囲気。

メニューには有名シャンパンの名前がキラ星のごとく並び、お値段も15,000円前後が多い。ボトル・シャンパンは9,000円からで、グラス・シャンパンは1,800円から。 
シャンパーニュ以外のスパークリング・ワインや、通常のワインもあって、グラスワインは1,200円~、ボトル・ワインは6,000円~となっている。

ほかに、スピッツやリキュール、コニャック(各800円~)、ビールやウィスキー(各900円~)、カクテル(1,000円~)なども置いてあり、シガー(1,000円~)も楽しめる。
食事は、チョコレート(500円~)やチーズ(1,500円~)など軽食が中心だが、オードブルやサラダ、軽めのイタリアンなどを食べることも可能だ。なお、チャージとして、カウンター1,000円、テーブル1,500円が必要。

メニュー構成からして、2軒目での利用を想定しているようだ。高級シャンパンさえ頼まなければ、グループ1人あたり7千円くらいで上げられそう。
マンションの1室でひっそり営業する店は、このエリアでは珍しくないが、駅やヒルズに近い立地は便利そう。始発までソファでゆっくり飲めるのも有り難い(営業時間は20時~翌5時)。

名無しのシャンパンバー_店内独特のインテリアから、パーティーに使われることも多いようだ。特に12月はシーズン・キャンペーンとして、1人5,280円(税込)のパーティー・プランが可能らしい。呑み放題(スパークリング・ワインは入るが、シャンパンは別)に料理が付き、パスタとピッツァは食べ放題だとか。
ちょっと面白いパーティー会場をお探しの方は、店長の川崎さんか、岡林さん宛に問い合わせてみるといいだろう。

経営元の(株)ゲートでは、ここのほか西麻布に3店、白金に1店、阿佐ヶ谷に2店のバーを運営している。名前がない店はここだけだが、役所に提出する書類には、店名欄をどう記載しているのだろうか?
…どうやら、正式な書類には「UNTITLED」という店名が使われているらしい。

→名無しのシャンパンバー
TEL:03-3475-7113