飲み会の店選びには誰もが苦労するが、メンバーに日本酒好きやワイン好きがいる場合は、お酒の品揃えがポイントになってくる。もし、日本酒好きとワイン好きの両方が揃ってしまったら、どうするか?

どちらかに我慢してもらうのが普通かもしれないが、どちらも満足させる店というのも中にはある。飯田橋の「てしごとや 蛍の火(ほのか)」は、そんな有り難い居酒屋だ。
場所は、JR飯田橋駅の西口を出たら右方向へ進み、「神楽坂下」の交差点を右折して外堀通り沿いにある次の信号を左折。ギンレイホールの前を通って、軽子坂をまっすぐ130mほど上がると左側にある。
地下鉄有楽町線の飯田橋駅からだと、B4bの出口から軽子坂に出られるので、店までは100mほどだ。

てしごとや蛍の火_店内開店は2000年頃。店は2階まであり、1階は炉のある厨房をぐるりと囲むコの字形のカウンターと、突き当たりに4人用のテーブル席が、2階は2人用のテーブル席と、ゆったりとくつろげるソファ席がある。席数は合わせて74席。

日本酒は半合から注文できるが(値段は1合の半額)、ここでは分かりやすい1合の価格で一例をご紹介しよう。
本醸造酒が浦霞八海山(各720円)。純米酒が杉勇(720円)、正雪・特別純米(800円)、一の蔵(820円)、白岳仙(840円)、田酒(860円)、天青・特別純米(860円)、陸奥八仙・特別純米(860円)、神亀・手づくり純米(880円)、天狗舞・山廃純米(940円)。
純米吟醸酒が、黒龍(780円)、鳳凰美田(880円)、酔鯨・高育54号(880円)、秋鹿(960円)、阿部勘・原酒(980円)、 乾坤一(1,000円)、善知鳥・純米大吟醸・山田穂(1,800円)…等々だ。

どれも美味しい銘柄ばかりなので、安心して注文できる。特に、都内でも置いている店が少ない「善知鳥」が飲めるのは、さすが「てしごとや」グループだ
発泡にごり酒の「すず音」(1本1,600円)などもあり、日本酒が苦手な女性でも、ここなら認識を改めるかもしれない。

ワインは、自然派を中心とした品揃え。グラスワインは月替わりで、白・赤あわせて10種類ほどを選べる。価格は530円~600円(今月)だが、安くていいものがちゃんとセレクトされている
店長の橋本英侍さんはソムリエと利き酒師の資格を持っており、コスパの高い銘柄には常にアンテナを張っているのだ。

ボトルワインは、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オーストリア、カリフォルニア、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、日本…と、白・赤それぞれ20種類近くが2,500円~4,900円という手頃な価格帯で揃う。
フランスはラングドック&ルーションや南西地方が多く、ボルドーやブルゴーニュがないのは、むしろ良心的。同じ価格帯なら、ボルドーやブルゴーニュの「ブランド代」に金を払うより、無名でも誠実な造り手の方が満足できるはずだ。4,800円も出せば、アルザスのリースリングやローヌの赤も味わえる

日本酒とワインが秀逸だが、もちろんそれ以外の酒も豊富。焼酎は芋、麦、黒糖、泡盛が一通り揃っているし(グラス480~620円)、梅酒(グラス550円)やサワー(600円)も、もちろんある。生ビールはサッポロ黒ラベル(中580円、小450円)だ。

料理は炉端焼きが売りだが、それ以外にも、蛍烏賊の沖漬け(580円)、鶏の唐揚げ(650円)、お刺身(680円~)、サクサクパイ生地ピザ(700)、だし巻き玉子(700円)、大山地鶏もも焼(750円)、塩焼そば(780円)、とまとサラダ自家製酒盗ドレッシング(850円)、もち豚朴葉味噌焼(980円)、大山地鶏と茄子のチーズ焼バルサミコ風味(900円)、色々チーズ3種盛り(980円)…など、和洋中が幅広く揃っている。

店の雰囲気も悪くないので、小規模な飲み会には丁度いい。日本酒党もワイン党も、覚えておいて損はしない店だ

→てしごとや倶楽部