実は、自分が苦手な食材は鶏だけでなく、レバーもあまり得意ではない。レバーが美味しいと評判の店にもいくつか行ったが、なんとか食えるという程度だった
そんな自分が、レバーを「おかわりしたい!」と本気で思った唯一無二の店が、北浦和のモツ焼店「丸新」だ。

場所は、北浦和の東口を出て駅前通りを直進、「北浦和駅東口」の信号を左折して最初の路地を右に入ると、すぐ左側にある。駅からは直線距離で100m程という近さだ。
この店は、さいたまのモツ好きの間では有名店。自分も、その評判の高さを聞きつけて訪れたのだ。
北浦和・丸新_外観店は、まさに昭和中頃の大衆居酒屋といった風情。引戸を開けて入ると、左側に焼場を前にしたカウンターがあり、詰めればなんとか10人座れる。右側には4人用のテーブルが3卓、奥の狭くて急な階段を昇ると、2階に宴会用の座敷に中テーブルも2卓ある。いずれも相席が基本だ。

最近、3代目のご主人が体調を崩したらしく、今は奥様の高野真理子さんが焼場に立っている。ほかに手伝いの女性と、埼大で代々引き継がれるという学生アルバイトがいる。

店にメニューはないので、カウンターや壁の上部に下がった木札を見て注文する。木札が裏返っていたら品切れだ。
飲み物は口頭で注文すると、席に置かれた升の中へ金額に応じた色札が入れられる。食べ物の注文は、席に用意されたメモ用紙に自分で記入して手渡す方式だ。

日本酒はたっぷり1合で、久保田・千寿(600円)、菊姫(600円)、天狗舞(600円)、浦霞(600円)、田酒(600円)、〆張鶴「純」(700円)、神亀・にごり(700円)、三千盛(700円)、八海山(700円)、真澄・生一本(1,000円)…といった、王道の地酒が置いてある。

芋焼酎は、白波(350円)、白玉の露(400円)、山ねこ(400円)、芋(400円)、喜六(400円)、富乃宝山(500円)、吉兆宝山(500円)、佐藤・白/黒(各600円)が、麦焼酎は二階堂(350円)と中々(400円)がある。
生ビール(400円)、黒ビール(400円)、瓶ビール(大・550円)や、ハイボール(400円)を頼む人も多い。ワインは源作ワイン(2,400円)だけだが、持ち込みも有料で可能らしい(未確認)。

北浦和・丸新_店内この店の名物は、レバテキ(500円)、なんこつのたたき(500円)、こぶくろ刺し(350円)などで、これらは開店と同時に注文しないと、品切れになることもザラ(予約可)。
レバテキは「レバーステーキ」の意味だが、レバー特有の臭みもなく、外はカリカリ、中はフワトロ。サイズはけっこう大きいのに、もっと食べたくなる美味しさだ。
串焼きは1本120円~200円。通称「ピーセン」と呼ばれるピーマンの千切り(350円)も、胡椒の利いた酸味で人気がある。

17時10分前後で満席になってしまう店だが、19時前くらいから第一陣が少しずつ引け始める。これを狙って、18時半頃には第二陣の行列ができ始める。
かなりディープな店だが、意外に女性客も並んでいる。まずはここで美味しいレバテキや串焼きを食べてから、別の店でゆっくり飲むという使い方が多そう。

なお、浦和に「丸真」という名前も業態もよく似た店があり、こちらもかなりの人気店だが、直接的な関係はないらしい。こちらも、そのうち機会があればご紹介しよう。

●丸新 
埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-2-3
TEL:048-831-3473
営業時間:17:00~ラストオーダー22:15/日・月・祝定休