食事やお酒の席で、よく耳にする似たような言葉。その違いをちゃんと分かっていると、ちょっとカッコいいかもしれない。

今回は、そんな言葉たちを4つほど紹介する。ウンチク臭くならない程度に、ちょっとした話の種にしてもらえれば幸いだ。
●どっちもメニューだけど

・献立
その日のコース仕立ての料理を、出す順番に並べて書いたもの。「前菜」から順番に書かれているのがこれ。

・お品書
出す順番に関係なく、その日に提供できる料理を並べて書いたもの。一般的な「メニュー」はこちら。


●和食屋さんにありがち

・懐石料理
お茶を楽しむための料理。元々は、茶会で出される簡素な料理を指した。その後、手間をかけた和食を様式にのっとって提供する、現在のイメージになった。最初に飯・汁・向付(お造り)が出されるのが特徴。

・会席料理
お酒を楽しむための料理。現在、正統派の「日本料理」や「コース料理」として一般的に広まっているのはこっちの方。「懐石」とは違って、飯・汁が最後の方で出される。


●カジュアルなフレンチ・レストラン

・ビストロ(bistro)
高級なフレンチ・レストランより安く、服装にもあまりうるさくないレストラン。ただ、高級レストランが格下版として出店する「ビストロ」の場合、格上に比べれば安いものの、手軽とは言えない価格の店も多い。お酒はワインがメイン。

・ブラッセリー(Brasserie)
ビストロと似ているが、更にカジュアルというニュアンスがある。通常、予約なしでも気軽に訪れることができる。語源は「ビール醸造所」という意味で、元々はビールを飲みながら気楽に食事をとるレストランを指していた。


●魚料理用のナイフ

・フィッシュナイフ
一般的な魚料理用ナイフ。肉用ナイフより刃が薄く、小骨を抜きやすいよう先が尖っている。先に反りをつけたり、くびれを付けたり、刃面にレリーフを施したりなど、装飾性を持たせたものが多い。

・ソース・スプーン
平たいスプーンのような形をしていて、小さな刻みが1ヶ所ある。
骨がなくて柔らかく、ソースの多い魚料理に添えられる。魚を切る、ソースを掛ける、スプーンのように切身を口に運ぶ…など、1本で様々な使い方ができることから、最近よく見掛ける。


なお、お酒に関する以下の言葉の違いについても、過去の記事で説明しているので、ご参考まで…。

▼「徳利(とっくり)」と「お銚子(おちょうし)」
→酒呑み用語事典:お酒を注ぐ器編

▼「杯(さかずき)」と「お猪口(おちょこ)」と「具衣飲み(ぐいのみ)」
→酒呑み用語事典:お酒を飲む器編

▼「座敷」と「小上がり」
→酒呑み用語事典:建築編