頑固おやじ_外観新宿で銘酒居酒屋といえば、西口の老舗「酒処 吉本」が有名だが、そこから300mほど代々木寄りに、強力な対抗馬が出現した。2011年7月1日に開店した日本酒バー、「頑固おやじ」だ。

かつて同じ店名の銘酒居酒屋が駒込にあり、おそらく日本一と思える品揃え(常時700銘柄)を誇っていたのだが、その店とは何のゆかりもないらしい。

場所は、新宿駅の南口から甲州街道を都庁方面へ200mほど進み、「東京海上日動火災」の信号を左に折れて100mほど先の右側地下にある。

階段を降りて店に入ると、確かにバーっぽいモダンな内装。黒を基調とした店内は、照明も程良く落とされている。いい意味で店名を裏切るスタイリッシュなイメージだ。
頑固おやじ_カウンター入ってすぐ左側が10席あるL字型のカウンターで、内側にはショーケースのように日本酒がズラリと並べられている。右側のフロアには、4人用テーブルが5卓ほどあり、全部で30席。

店主の大場広文さんをはじめ、サービス・スタッフは男女3人ほどおり、お酒について相談すれば、合いそうなものを持ってきてくれる。お酒へのこだわりはともかく、頑固っぽいスタッフは全然いない

日本酒は常時60銘柄以上あり、銘酒居酒屋としては標準レベルだが、銘柄の充実度はかなりのものだ。「十四代」が本丸から龍泉までほとんど揃っているのをはじめ、酒好きに人気のある銘柄がそつなく押さえられており、いわば王道を行くラインナップ。

価格は、120mlのグラスで650円が基本。この値段で、以下20種類の日本酒が飲める。
陸奥八仙・特別純米無濾過生、喜久泉「吟冠」吟造り、伯楽星・特別純米、日高見・超辛口純米、一白水成・特別純米、寫樂・純米吟醸、天青「吟望」防空壕貯蔵純米、鳳凰美田「剣」辛口純米、清泉・特別純米、鶴齢・純米山田錦生原酒、醸し人九平次・純米吟醸山田錦55%、白瀑「山本」純米吟醸、橘屋・特別純米、田酒・特別純米、磯自慢・本醸造、飛露喜・特別純米、十四代「本丸」、くどき上手「ばくれん」超辛口吟醸、天明・熟成純米吟醸、東洋美人・超辛口純米。

これら定番銘柄のほか、而今、蓬莱泉、王禄、天狗舞、三芳菊、鍋島、死神、神亀、まんさくの花、松の司…など、650円~2,000円くらいまでの月替わり銘柄があり、更にプレミアム酒(65ml)も揃えられている。
1杯の量を少なめにすることで、美味しいお酒を手頃な価格で飲めるのは嬉しい。ただ、大酒飲みは勘定が高くなるので、覚えのある人は気を付けたい
焼酎も、佐藤、中々、喜六、山ねこ、川越、侍士の門、旭萬年、兼八、村尾、伊佐美、百年の孤独、十四代など(650~1,200円)があり、ビールや梅酒類もあるが、サワーの類はないようだ。

頑固おやじ_店内料理は、築地直送の魚介類が売り。箱入りウニが付いた「頑固盛り」(3,000円)は、グループだったらぜひ注文したい充実の刺し盛りだ。
ほかにも、千円前後でお刺身単品が各種あるほか、鶏皮ポン酢みょうが和え(650円)、合鴨とじゃが芋のサラダ(600円)、頑固メンチカツ(850円)、いぶりがっこ(600円)、焼きおにぎり(2ケ・600円)…など、日本酒の味を引き立てる料理が揃っていて、こちらも満足できる

酔っぱらう店ではなく、お酒を味わう店のため、店内は全面禁煙。最新の入荷銘柄やイベントの開催情報は、店のfacebookページから確認できる。
さほど大きな店ではないので宴会には向かないが、少人数のグループやカジュアルな接待、カウンターでの独り飲み、デートにも使える。
早くも周辺の日本酒ファンの心をつかんでいるので、なるべく平日でも予約を入れた方が無難だ。

→頑固おやじ