このブログでは、お酒が充実している、おすすめの店を紹介するというのが基本だが、たまに当落線上の店というのがあって、掲載すべきか迷うことがある。そのいい例が、自分好みの店という場合だ。客観的に見たら、おすすめすべき店なのか正直自信が持てない

特に目立って素晴らしい点はないのだが、なんとなくホッとできて、足繁く通っても懐を痛めない大衆的な居酒屋。地域に愛される店というのは、案外そんなフツーっぽい店ではないだろうか。今日ご紹介するのは、大宮の駅からも程近い、そんな大衆居酒屋「和らい家 じゅうべい」だ。
じゅうべえ_外観場所は、大宮駅東口の駅前通りを高島屋の交差点で左折し、東和銀行の手前の路地を右折して50mほど入った左側だ。
駅からそう遠くないにも関わらず、目立たない路地にあるため、フリーの客はほとんどいない
昔ながらの地元の店らしく、入口は暖簾のかかったガラスの引戸で、表にメニューが書かれた黒板が出ている。

入ると、左側が8席のカウンター、右側が座卓4卓の小上がり、突き当たりが個室としても使える3卓の座敷になっている。
店を切り盛りしているのは、中年のご夫婦。旦那さんは職人気質っぽい印象ながらワイシャツ姿で調理に当たっており、いかにも気立てが良さそうな奥様は、注文と配膳に走り回っている。お二人とも、TVドラマで主人公が寄る店に出て来そうな、程良い好感度がある。

日本酒は約10銘柄。メニューには、越乃寒梅、雪中梅、越乃景虎、八海山、〆張鶴、神亀といった、新潟中心のメジャーどころしか書かれていないが、それ以外にも臨時入荷銘柄がいくつかある。訪れた日は、雪の松島、獺祭、常きげん、吉乃川などがあった。いずれも蕎麦猪口に1合強を入れてくれて、500~600円。燗酒は富久娘が1合350円と格安だ。

じゅうべえ_店内焼酎は、霧島(430円)、黒霧島(380円)、赤霧島(550円)をはじめとする数種類があった。人気の高い黒霧島が380円というのは、かなり良心的だろう。黒霧島のボトルキープは2,800円だと言うから、通いたくなる気持ちも分かろうというものだ。赤霧島は春と秋しか出荷されないため、ない時季もある。

料理は一般的な居酒屋料理だが、こちらも安くて、大体300円~500円前後。それでも質は悪くなく、まぐろブツにも筋がなくて食べやすかった。スパゲティなどの洋食もあるのは、ローカルっぽくてご愛敬。

カウンター正面には液晶テレビが置かれ、いかにも地元密着型の大衆居酒屋らしさを感じさせる。お客はやはり年配の男性が多いが、自分の右側には若い女性の2人組が、左側ではご夫婦連れが飲んでいた。

つい寄りたくなるような親しみやすい雰囲気は、家庭的ながら適度な距離感があるのが良いのかもしれない。もちろん、それなりに旨い酒が安い価格帯で飲めるというのも、大きなポイントだ。

→ぐるなび:和らい家 じゅうべい