今日は桃の節句。古風に言うと「上巳(じょうし)の節句」、今風に言うと「ひな祭り」だ。
桃の節句には、昔から草餅や白酒をいただく習わしがある。

平安貴族は、中国の故事にならって毎年3月3日に宴を催し、盃に桃の花を浮かべた「桃花酒(とうかしゅ)」を飲むのが習慣だった。
それが白酒に替わったのは、江戸時代。神田にあった豊島屋が売り出した「白酒」が大ヒットしてからだ。

なんでも、初代・豊島屋十右衛門の夢枕にある晩お雛様が現れ、白酒の美味しい作り方を伝授されたという。どこかで聞いた風なエピソードではあるが、豊島屋の白酒は独特の粘りと甘みで女性にも飲みやすく、たちまち江戸中で大人気となった。“山なれば富士、白酒なれば豊島屋”とまで詠われたとか。
更に、白酒と桃の花との組み合わせが紅白でおめでたいということで、ひな祭りに白酒を飲む風習が全国に広がったらしい。
まさに「土用の鰻」に次ぐ、江戸時代の超ヒット・キャンペーンだ。

よく「白酒」を「甘酒」と混同している人がいるのだが、この2つはまったくの別物。
「甘酒」は、蒸米(もち米)に米麹と水を混ぜ、55℃前後で一昼夜保温することで、デンプンを糖化させた甘味飲料。一般家庭でも簡単に作れ、一晩でできることから一夜酒(ひとよざけ)とも呼ばれた。アルコール分はほとんど含まれないため、酒というのは名ばかりで、子供でも飲める。(酒税法上、アルコール分1%未満のものは「酒」とされない。)
酒粕に砂糖や水、生姜を加えて作ったものも甘酒と呼ばれるが、こちらは若干アルコールが含まれる。

一方「白酒」は、蒸米(もち米)と米麹に味醂または焼酎を混ぜて発酵させ、約1ヶ月間(豊島屋では2ヶ月以上)熟成させた後、石臼ですりつぶしたもの。糖質45%程度と甘味は十分だが、アルコール分も9~10%程度含まれる。一般家庭では作れないし、子供は飲めない立派なお酒だ。(酒税法ではリキュール類に該当。)

かつて豊島屋では、節句シーズンになると夜明け前から白酒を買い求める客が殺到し、けが人に備えて医者を待機させておくほどだったという。
現在でも、豊島屋は江戸時代とほとんど変わらぬ製法で白酒を造り続けている。
幸い、今ではインターネットで購入可能なので、けがをする心配はなさそうだ。ただし、1シーズン約6,000本限定のため、売り切れ御免と言う点は、昔と変わらない。

まあ、自分は辛党なんで、どちらかと言えば「桃花酒」の方が好みだけどね・・・

●豊島屋
http://www.toshimaya.co.jp/