「いい居酒屋の条件7か条」(2月27日の記事参照)にも含まれているように、お酒を飲んでいる時のBGMというのは、けっこう重視してる。そこで今日は、飲んでいる時に聴きたい音楽の話。

音楽は広く浅く聴いているけど、最も好みなのはジャズを中心とした黒人音楽系。ソウル、ブルース、フュージョン、ブラック・コンテンポラリーなどが心地よい。
中でも、ジャズの女性ボーカル、ピアノ、サックスあたりはど真ん中だ。

ある時、自宅近くの店で食事していたら、めちゃくちゃ好みの女性ジャズ・ボーカル曲が流れて来た。思い当たる声ではなかったものの、この曲はぜひ欲しい。
そこで、店の人に聞いてみると、BGMは有線だと言う。すかさずチャンネルを聞いて、時間を確かめた。

USEN440では、流れた曲をすべてホームページで確認できる。チャンネルと、流れた時間が分かればいい。
その曲は、スウェーデンの女性ボーカリスト兼ソングライター、レベッカ・トーンクウィストの「エンジェル・アイズ」だった。

早速この曲のCDを探したが、これには少々手間どった。分かったのは、既に廃盤になっている彼女のファースト・アルバムに収録されているということ。
廃盤は残念だが、ここで諦めるわけにはいかない。
ネット・オークションのサイトで、このアルバムの購入希望を掲載してみたら、翌日には九州の人と交渉成立し、おかげで無事購入することができた。

レベッカ・トーンクウィストは、ブルーの瞳が印象的なスウェーデン女性。小学校時代はケニアに住んでいたとか。
十代で、カーリー・サイモンやキャロル・キング、ビートルズ、スティーリー・ダンなどを聴いて音楽に目覚め、やがてJAZZクラブで唄い始める。
93年にメジャーデビューを果たすと、ジャズ、ブルース、ソウルなどをミックスしたファースト・アルバム「ア・ナイト・ライク・ディス」は、いきなりスウェーデンのチャート4位を記録、ゴールド・ディスクを獲得してしまった。
そのアルバムの9曲目に収録されているのが、ジャズのスタンダード・ナンバー(オリジナルはフランク・シナトラ)の「エンジェル・アイズ」だ。

彼女の気だるいようなハスキー・ボイスは、お酒のBGMにピッタリ。
どちらかと言えば洋酒向きの雰囲気ではあるが、お酒を2倍おいしくしてくれる声なのだ!