銀座と神楽坂は、路地裏が面白い街だ。
地元の人にしか知られていない名店が、あちこちの路地裏に隠れていたりする。
だから、自分も路地裏を歩くのが大好きだ。

そんな路地裏で見つけた店の一軒が、銀座7丁目の「おまっとさん」。
花椿通りから一本細い路地裏にある隠れ家的な居酒屋だ。

店は小さいが、天井近くにロフトがあるユニークな造り。
1階は掘りごたつ式の座卓が3卓と、同じく掘りごたつ式のカウンターが6席。ロフトは座敷で、4人用のちゃぶ台1つと、2人用の座卓が1つある。リラックスしてなごめる雰囲気は、初めてでも心地いい。

料理は和食。京都出身の料理人が、産地直送の旬の素材で、酒肴として楽しめる料理を提供してくれる。
一品料理のほとんどが600円~800円台と、値段も手頃だ。

日本酒の銘柄数は十種類少々だが、不満を感じさせない銘柄を一通り揃えている。
瀧自慢、酔鯨、黒龍、春鹿、黒帯、〆張鶴・・・などが680円~840円。
季節によって、更においしい限定酒などが随時入荷している。
焼酎や梅酒も500円から各種揃っており、こちらの方は50種類以上ある。

なごめる雰囲気で、価格は手頃、加えて料理やお酒に一本筋が通っている。
これも裏路地という立地のおかげなのかもしれない。
なお、近くに姉妹店「おまっとさん 絆」もある。

こんな店も知っていることを自慢したくて、次は誰かを連れて来たくなる店だ。

※「おまっとさん」は、都市開発のため残念ながら閉店したそうです。近くの商業ビルの8階に、姉妹店「おまっとさん 絆」がありますので、そちらのサイトをご紹介しておきます。

おまっとさん 絆