昨晩は新宿で、京ダイニングやホテルのバーなど数軒をハシゴしたのだが、その最後に〆のごはんをいただいたのが、コロッケ酒房「飲食笑商何屋 ねこ膳」。ユニークな店名は「いんしょくしょうしょうなにやねこぜん」と読む。
本来は定食屋なのだが、お酒も軽く飲める店だ。

場所は明治通り沿いで、花園神社の隣。一目で分かる、目立つ外観だ。
店内には、ユーモラスな猫のイラストと写真がそこら中に貼ってある。

メニューは、コロッケ、メンチカツ、ミックスフライ、ハンバーグ、しょうが焼き、スペイン風オムレツなど、定食メニューが中心で、値段はどれも580円か680円のどちらか。いずれもボリュームがあってなかなか美味しい。

お酒は、アサヒスーパードライの生または瓶(各500円)、レモンサワーまたは青りんごサワー(各380円)、菊正宗の上撰本醸造生貯蔵酒(300ml・700円)、焼酎(ロック・水割り・お湯割り・ゆず割り・ウーロン茶割り・各380円)、ホッピー(250円)、ホッピー焼酎セット(400円)など。

種類は少ないが、いずれも量が多めなので、かなりお得。
人気のビールセット(アサヒスーパードライ生中ジョッキ+味付メンマ+半熟卵)は600円だ。

ボトルでは、ドイツワイン(白)、チリワイン(赤)猫また梅酒が3,000円。白鯨(米)、いいちこ(麦)、南薫(芋)、久米仙(泡盛)などの焼酎類が2,500円。マッコルリが2,000円。
ボトルのお酒が余った場合は、キープすることもできるし、持ち帰ることもできる。
ここでは氷代もお通し代もサービス料もつかないので、キープしておけば次回はタダで飲めるという、ありがたい店だ。

おつまみは、キムチ、メンマ、ほうれん草のおひたし(各100円)、冷奴(150円)、さつま揚げ、いかの塩辛(各200円)、かわきもの、枝豆(各250円)、餃子(280円)、コロッケ、ホタテフライ、一口カツ(各2個300円)、お茶漬け(鮭・梅各380円)、サバ焼、鯵焼(各480円)、…と、安いものばかり。単品で一番高い「ほっけ焼」でも580円だ。

ごはんは、宮城県産コシヒカリ100%で、ふっくらと炊き上げられている。ごはんの大盛は無料。

朝11時から翌4時まで営業していてくれるので、飲んだ後、の食事を取るには恰好の店。もちろん、安くちょこっと飲みたい時にも最適だ。

ホッピーの飲める店/飲食笑商何屋 ねこ膳