1月も半ばになって正月の話題というのも気が引けるが…今年の正月、東武百貨店池袋店で「2003年ロマネ・コンティ福袋」が発売されたのをご存知だろうか?1点限りの福袋で、価格はなんと120万円
言っておくが、中身は750mlの赤ワイン1本だけである。

ロマネ・コンティと言えば、「ワインの王様「ブルゴーニュの宝石」などと評される世界一の高級ワイン。高いのも当然かもしれないが、それにしても2人で1時間もあれば飲めてしまう酒1本が120万円…そんな金があったら、ハーレーのスポーツスター1200を買う人の方が多いだろう。(たぶん)
グラス1杯20万円では、もはや飲み物の値段ではない。

「ロマネ・コンティ」の畑は、小さな畑の多いブルゴーニュ地方でも特に小さく、1.8ヘクタールしかない。ちょっとした野球場と大差ない広さだ。
現在、この畑を醸造・管理しているのは、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)社。世界最高と言われる畑で、完熟しただけを手作業で選り分ける徹底した品質管理を行い、伝説のワインを作り上げた。

2003年のブルゴーニュは、記録的な猛暑でぶどうの成長が著しく進み、通常は開花から100日で収穫するところを、80日で収穫したと言う。
そのため、美味しいワインになるのか賛否両論だったのだが、結果的には1990年、1999年に次ぐ歴史的なビンテージとなった。
ただし、全ての生産者が成功したわけではなく、DRC社を含めて、土壌と樹齢に恵まれ収穫を遅めにした生産者たちが成功を手にしたようだ。

ロマネ・コンティは、決して濃厚でパワフルなワインではなく、色も比較的淡い。バランスが素晴らしすぎるがゆえに、むしろ目立たない味わいとも言われる。
そのため、飲み慣れない人には価値が分かりにくいようだが、バラのような華やかな香りと透明感、キメ細かさでは他を圧倒している…らしい。(実は自分もまだ飲んだことがない。誰か飲ませて~!

もともと生産量が少なく、多くても年間7千本ほどしか造られないワインだが、2003年にいたってはわずか3,575本しか造られなかった。
日本に入ったのが何百本かは知らないが、100万円で発売されるや瞬時に売り切れたらしい。現在の市場価格は既に150万円に迫っている。200万円を軽く超える85年や78年に比べればまだマシだが…。

昔からロマネ・コンティは高いワインの代名詞だったが、近年の価格高騰ぶりはちょっと異常ではないだろうか。
2003年のDRCワインでは、「エシェゾー」のコスト・パフォーマンスが最も高いと思う。DRCの中では早飲みに向いたワインだし、栓を空けてから開くのも早いので、ワインをそれほど飲み慣れていない人でも、その美味しさが分かりやすく伝わるはずだ。自分なら、こちらをおすすめしたい。

もっとも、エシェゾーもこれまで5万円程で買えたのが、近年9万円以上にまで値上がりしているから、こちらもおいそれと飲めるワインではない。

最近、中国あたりの成金たちが、石油やマグロだけでなくワインの価格高騰にも世界的に影響を及ぼしていると聞く。
できれば中国の方々には、今一度伝統的な黄酒を見直していただけるよう、切にお願いしたい…!