大きな駅ならいざ知らず、小さな駅の近くでいい居酒屋を見つけるのは、なかなか難しい。
都営三田線千石駅も小さい駅だが、ここの近くには「喰飲楽屋・一馬(くいのみらくや・かずま)」という居酒屋がある。

場所は、千石駅のA1出口を出て、左方向に旧白山通りを100mほど歩いた左側の地下だ。階段の上には様々な銘酒のラベルや瓶が並んでいるが、ここにある銘柄はあまり当てにしない方がいい。

店に入ると、まず4席ほどの小さなカウンターがある。このカウンターは、入口が近いので冬は少々寒い。
奥のフロアは2つに仕切られていて、それぞれ4卓と3卓のテーブルが置かれている。
適度に照明が落とされた店内は、板張りの床に、木製の棚やテーブル。一見洋風だが、良く見ると調度類に和風のデザインが多く、和洋折衷といったところだ。
フロアの棚には、焼酎の瓶がびっしり並べられている。

年配の店主・菊地さんは、カウンターの中でもっぱら料理を担当し、アルバイトの若者2人がフロアを担当している。
メニューはあるものの、お酒も料理も入れ替わることが多いので、当日確認した方が間違いない。

今ある日本酒は、喜平・本醸造(500円)、・純米(650円)、乾坤一・特別純米(700円)、墨廼江・特別純米(700円)、雪中梅・本醸造(750円)、村祐・純米大吟醸生(900円)、三千盛・純米大吟醸絞りたて(1,000円)など。利き酒セット(1,000)もある。
黒龍正雪も短冊に書かれていた。十四代もかつて置いてあったが、入手困難になってきたため、今は置いていないそうだ。

焼酎の方が種類は豊富で、30種類くらいある。貴重な品種で仕込まれた芋焼酎蔓無源氏」(600円)、鹿児島の麦焼酎「千が飛ぶ」(600円)、黒糖焼酎の逸品「六超」(600円)、プレミアム麦焼酎として有名な「百年の孤独」(1,000円)、球磨焼酎の古酒「月夜にこい」(1,000円)…といったものもあり、焼酎好きには嬉しい品揃えだろう。

梅酒も9種類あって、ほとんど500円だが、白玉梅酒のみ800円だった。その中に、シャトー酒析ワイナリーが造る九夜十日(ここのよとおか)がある。好みは分かれるかもしれないが、これも美味しい梅酒だ。
ウーロンハイやサワー類は400円。

肴はよくある居酒屋メニューだが、どれも内容の割に安く、400~600円くらいが中心。〆鯖の刺身(600円)も、量がたっぷりだ。
安いものでは、岩海苔汁が200円、もろきゅう、梅きゅう、キムチ、にんにくの唐揚、ちりめん焼おにぎり各300円
笑い栗(=焼き栗・500円)、豚のど軟骨スモーク(500円)といった、個性的なメニューもある。
宴会は2,000円(酒代別)くらいからOKだとか。

菊地さんは、アサヒ樽生クオリティセミナーや、利き酒師の資格も持っているのだが、肩の力を抜いて気ままにやっている雰囲気があるので、客のほうもリラックスして飲める。
「安いのに旨い」、小さな駅の近くには、こんな居酒屋も隠れているから楽しい。

食べログ.com/喰飲楽屋 一馬