最近、池袋で飲む機会が多いのだが、このエリアは銘酒居酒屋に事欠かないので有り難い。
池袋駅からすぐの所にある「半蔵」は、駅から近いだけでなく、店内が広いので宴会向きでもあり、内装もキレイ。しかも、日本酒の品揃えには相当力を入れている。

場所は、JR池袋駅の南通路(目白寄り通路)から東武側に出て、目の前にあるSPICE 2の2軒隣。「イタリアントマトCafe Jr.」が入っているビルの5階だ。
エレベータを上がると、エントランスがあり、右手が店の入口。入ると、花の飾られたカウンターを中心としたフロアが広がっている。

ここのカウンターは、中央に段があって、手前と奥とで高さが違う。向かい合わせに6人ずつが座れるのだが、目線が合わないようにという配慮だろう。ただ、それでも向かい合わせが気になるという人はいるかもしれない。

店内は、このカウンターを中心とした三方に仕切りがあり、それぞれ異なった雰囲気のテーブル席がある。各スペースは、宴会用の大小の個室としても使える構造だ。
奥(窓側)は掘り炬燵式のテーブル席、右側はちゃぶ台が並べられた座敷になっている。

この店の料理長は、『TVチャンピオン』のお茶漬け王選手権でチャンピオンになった中村哲也氏。もっとも、残念ながら、自分はあまり「お茶漬け」に関心は無い。
関心があるのは、もちろん80種類ほどあるという日本酒と焼酎の品揃えだ。

昨日ご紹介した「風の森」のほか、今入荷している銘柄は、黒龍・しずく、百楽門・純米生原酒、くどき上手・ばくれん、越乃寒梅・別撰、雪中梅村祐・特別純米本生、陸奥八仙王禄飛露喜・純米吟醸雄町、臥龍梅・袋吊り雫酒、十四代・本丸…など。価格は700~900円が中心だが、量はちゃんと1合あるようだ。(割と大振りのグラス一杯で来る。)

高級酒に限っては、量を2/3にすることで千円台の価格を実現している。
久保田・萬寿醸し人九平次・別誂は、いずれも120mlで1,600円だ。このあたりは人気があることを考えれば、まあ妥当な値段。

黒龍・しずくは1,800円で、同じ黒龍の火いら寿は一番高い2,200円。
1年のうち、しずくは6月と11月の2回、火いら寿は2月にしか発売されないお酒だが、どちらもちょっと高い。

更に、十四代・龍の落とし子が1,500円、本丸が1,200円…となると、これは残念ながらプレミア価格。定価で比較すれば、久保田・萬寿は龍の落とし子の2.5倍、本丸の4倍近い価格なのに、120mlでの値段があまり違わない。これなら、萬寿の方がお得だ。

このように、価格に少々バラつきがあるのが、この店の欠点ではある。

焼酎は530円ほどからあるが、こちらにも魔王(900円)、百年の孤独(1,050円)、十四代・蘭引き(1,470円)といった希少品が見られる。

安くはないが、これだけ旨い酒をしっかり揃えているところは大したもの。駅に近くて店のインテリアも悪くないし、26人名の宴会に対応できるという広さもある。
グループの飲み会で、極上のお酒を1口ずつ試す、といった楽しみ方が面白そうだ。

ぐるなび/半蔵