白金台にある自然教育園周辺は、人知れず素晴らしい店が点在しているエリアだ。ただ、三ツ星レストランの「カンテサンス」をはじめ、高級店が多い。
しかし、リーズナブルな居酒屋でもいい店がいくつかある。特に、デートからパーティまで様々な用途に使えるのが「炭焼と葡萄酒・anbai(塩梅)」だ。

場所は、目黒通りの白金自然教育園入口のほぼ正面。目黒駅からだと、駅からまっすぐ歩いて約500m
歩くのが苦にならない人なら、それほど遠い距離ではない。

店は板張りの外観で、ガラス貼りの部分から入口に掛けて曲線を描いたアプローチになっている。
店内は照明が落とされ、ダイニングバーっぽい雰囲気。BGMも大人っぽいジャズが流れている。

入るとまず幅の広いカウンターが右手にあるが、ここだけ見ればショットバーとしても十分使える。
左手がテーブル席で、個室風に仕切られたテーブルが5卓、奥は半地下の大テーブル席と、靴を脱いで上がる中2階席とに分かれている。
更に2階に貸切のパーティー・スペースがあり、そこだけで30~75名まで入れるということだ。

ここは、炭火焼きの肉料理と串焼きが売り物。だが、洋食風のメニュー(スモークサーモン、ブルスケッタ、フェットチーネ、エスカルゴ…など)や、和食風のメニュー(ふろふき大根、鯛のにぎり、マグロの前菜…など)もあって、肴には困らない。デザートも美味しいと評判だ。
価格は700円~1,000円が中心。ステーキ丼で1,500円だ。

そして、ドリンクメニューも多彩で豊富。日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、いずれも満足できるラインナップを揃えていて、自分のような究極のチャンポン好きにはこたえられない。特に、看板に掲げているワインは、美味しい銘柄を安く提供してくれている。

パーティは飲み放題付きで2.5時間4,500円~7,500円。現金払いだと、いずれも500円引きになる。ただし、時間をオーバーすると追加料金がかかるので、ずるずる長居するグループは注意した方がいい。
ここはランチもやっているので、最初はランチで雰囲気を見ることもできそうだ。

欠点は、手が足りないのか、待たされる場合があること。スタッフを増やしてもらえると、より居心地がよくなりそうだ。

以前、ここのカウンターで飲んでいた時、「車椅子でも入れますか?」というお客さんが来た。マスターは「カウンターでよろしければ」と答え、端の椅子を素早く片付けてそのお客を迎えていた。
酒がより美味しくなるのは、こんな夜だ。

→炭焼と葡萄酒 anbai
 http://r.gnavi.co.jp/g503501/