ジビエの季節もそろそろ終盤だ。
ジビエとはフランス語で、猟師が鉄砲で狩った野生動物を指す。ハト、ウズラ、鴨、野ウサギ、鹿、猪などが相当し、フランス料理では秋~冬を代表する食材のひとつだ。

日本では今ひとつ馴染みの薄いジビエだが、それらをお酒とともに手軽に楽しめる店が、水道橋にある。「ROBATA 美酒食堂 伊のマタギ」だ。

場所は、水道橋駅の西口を出て、すぐ左手にあるマクドナルドの角を左折。城北信用組合の右側の道を入っていくと、最初の角にある。

店は木を活かした洋風で、それほど広くないのだが、ちょっと迷路を思わせるような構造になっている。
入口から奥へ通路を進むと、左側が個室風のボックス席で、右側が厨房。突き当たりはちょっと広めの部屋で、2人用のテーブルが6卓くらいあり、組み合わせれば宴会にも対応できるスペースとなる。壁際に小さな2人用のカウンター席もある。

マタギというだけあって、どこか山小屋のような雰囲気がありながら、シャンデリアや横長の窓が意外とオシャレだ。
トイレは、なんとボトル棚の裏側。棚を手前に引いて入る、まるで隠し部屋のような仕掛けになっている。

メニューはお酒も料理も、和(日本)と伊(イタリア)の折衷。
日本酒は、大関・通の酒(500円)、蔵枠・特別本醸造(600円 )、御湖鶴・あおラベル(600円)、飛露喜・特別純米(600円)、醸し人九平次・件の山田(600円)、八海山・醸造(600円)、十四代・新本丸生酒(800円)という品揃え。

ワインは、国産小布施ルージュ・ソガ(グラス500円/ボトル3,200円)から登美の丘(ボトル5,800円)まで、 イタリア産レ・マルスーレ・レフォスコ・ロッソ(2,600円) からモンテプルチアーノ・ダブルッツォ・ファットリア・パセッティ(5,300円)まで、それぞれ2~5千円の手頃な範囲でたくさん用意されている。

ビールも、モレッティ(650円)やメナブレア・ペールラガー(750円)といったイタリアビールを中心に揃えられ、それにアサヒの少量生産生ビール琥珀の時間(とき)(600円)とスーパードライ(490円)が加わる。
なお、焼酎(500円~600円)や梅酒(すべて550円)もそれぞれ10種類以上あり、ドリンクメニューはかなり多彩だ。
中にはメニューに書かれていないお酒もあるので、お店の人に相談してみるのもいい。

店のメイン料理は鹿。ほかに、猪、鴨、時には熊までが食卓にのぼる。
それらを、刺身、炉端焼き、煮込み…など、様々な料理で味わえる。名物マタギ焼き(1人前1,500円)とマタギ鍋(1人前1,600円~)は、いずれも2人前から。
ほかにも、雲仙産鹿腿肉の刺身(700円)や鶏の胸肉(600円)など、豊富な肉料理が用意されている。

もちろん肉料理だけではない。カツオのカルパッチョ・バルサみそソース(600円)、イタリアの卵焼き(400円) 、おこげ茶漬けリゾット(600円)、木の子といぶりがっこの和風パスタ(900円 )、キナコのパンナコッタ(550円) …など、和伊折衷料理が目白押し。コースは3200円からだ。

ジビエは冬の贈り物。食わず嫌いの人も多いかもしれないが、こんな店で手軽な1品から味わってみると、意外な美味しさに出会えるかもしれない。

→ぐるなび/伊のマタギ
http://r.gnavi.co.jp/b273401/