前々回の「燗酒屋」は、ホッとできる和風家庭料理の店だったが、今回はホッとできるイタリア家庭料理の店を紹介する。門前仲町の「たまキャアノ」だ。
取材拒否の店のため、メディアにはあまり載らないが、グルメ評論家諸氏からも高い評価を得ている、隠れた名店だ。

場所は、門前仲町の交差点から首都高の高架下をくぐり、2つ目の信号を過ぎたら右手の路地を入って、100mほど行った左側だ。門前仲町の交差点からは500mくらいあり、町名だと深川になる。

自宅を改造したと思える小さな店で、中はカギ型のカウンター9席のみだ。
予約席のテーブルクロスの上には、手書きのメッセージが書かれた紙が置かれている。
店のマダムであるたまさんのお宅にお呼ばれされたような、アットホームな雰囲気だ。

料理はアラカルトのみで、コースはない。一応基本となるメニューはあるものの、多くの料理やワインは時期によって入れ替わる。その日の料理はカウンター内の黒板に書かれており、ワインは実際のボトルが簡単な紹介文と値段付きでカウンター上に置かれている。

料理はイタリア風家庭料理といった感じだ。前菜、サラダ、パスタ、メインと20~30種類くらいのメニューがあり、一皿の価格は1,000円前後が中心。美味しさを思えば、コストパフォーマンスは相当に高い
ナイフとフォークのほか、お箸も置いてあり、気取らずにイタリアンを食べられる。

ワインも、1本2千円程度から4千円台くらいまでと、手軽で美味しいものが揃えてある。自分が飲んだのは、春らしい「Green Point Vintage Brut Rose」と「Chianti Classico Riserva」の2本。
ビールは、ヱビスのほか、バスペールエール(イギリス)、バドバー(チェコ)、クラーク(ベルギー)、コロナ(メキシコ)など、各種の外国ビールがある。日本酒も、久保田・千寿や熊本のソワニエなど、選ばれた銘柄だ。

店のスタッフは、たまさんとアシスタントの若い女性の2人。たまさんは、イタリアへ料理留学した後、この店をオープンした。気の置けない人柄を慕って通ってくる常連客も多い。
お客で目に付くのは、女性1~2人客やカップルで、男性同士というのはほとんど見かけない。
女性1人でも、たまさんとの会話がはずみ、隣り合わせた別の客と打ち解けてしまうこともよくあるようだ。

からちょっと距離はあるが、近辺に職場か家があれば、行きつけにしたいと思う女性は多いはず。
小さな店なので、ぜひ少人数で、できるだけ予約をしてから来店した方がいいだろう。

→食べログ/たまキャアノ
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13018034/