一番好きなお酒は日本酒なのだが、消費量でいえばワインの方が多いかもしれない。
最近でこそ減ったが、5年ほど前ならおそらく年に100本くらいは空けていたはずだ。(ほとんどテーブルワイン…

バクバク食べて、ガブガブ呑みたいというワイン好きに人気があるのが、「ヴァンピックル銀座」だ。串焼きとワインの店だが、ここではフレンチバーベキューと言われている。

店は、銀座の晴海通りの左側を数寄屋橋から4丁目交差点へ向かい、天賞堂の角を左折して50mほど行った、左側のビル2階。小さなビルなので目立たないが、ハートの看板を目印にするといいかもしれない。

階段を昇り、扉を開くと、店の狭さと混雑ぶりにちょっと驚く。
幅が狭く、奥行きのある造りなのだが、その雰囲気は確かに串焼き居酒屋といった感じだ。入ってすぐの窓側に小さなテーブルが1つあるものの、そこから奥までは長いカウンターがず~っと続いている。店の奥には、2~3卓のテーブル席がある模様。

カウンターの背後がワインラックになっているため、通路はとても狭い。人がすれ違うのはほとんど不可能で、一方通行でも体格のいい人は難儀しそうだ。

カウンターの中に豚一匹が逆さ吊りにされているのは、なかなか迫力がある。この店最大の売りが、埼玉県の吉田牧場で育てられた吉田豚なのだ。
吉田豚は、通常より長い期間飼育して、より質の高い豚に仕上げたもの。コクのある味わいは牛肉に劣らない美味しさだ。

串焼きは、青森産ニンニク(262円)から、活オマール海老(1尾2,940円)まで色々ある。豚のもも・肩ロース・バラは399円、江戸前穴子が525円、フォアグラの炭火焼は1串1,260円だ。
「おすすめ串6本セット」が2,940円、前菜からデザートまでの「おまかせコース」は4,200円なので、これらを頼むのが、断然お得

この店では、勝沼のブドウの枝を加えた炭火で焼いているというのも、ワイン好きの心をくすぐってくれる。

ワインは、南仏産を中心にしたフランスワインが、常時60種くらい揃えられている。自然派ワインが多いのも嬉しい。
価格は、ボトル3,129円から、高くても2万円くらいでほぼ納まる。よりグレードの高いものを求めるなら、例外的にシャトー・ラトゥール(35,000円)なども置いてある(ビンテージは不明)。

グラスワインも、常時10種類くらいあるのだが、こちらはメニューがない。スタッフに好みを伝えて3種類程度をピックアップしてもらって選ぶことになる。値段は1,500円くらいするので、頼む際は確認した方がいい。

かなり遅い時間でもない限り、予約せずに入れることは滅多にないため、要予約
丸の内にも支店があるのだが、そちらは新しくてキレイ。デートには丸の内店の方がいいかも…

→ヴァンピックル銀座
http://auxamis.com/vinpicoeur_ginza/