普段お酒を飲む時、どんな器を使っているだろうか
「ボトルから一気飲み」といった飲み方は、昔のコロナビールくらいだと思うので、普通は何らかの器を使っていると思う。

日本酒に限れば、コップ、という人が多いかもしれない。だが、厳密にはどちらの名称もたぶん正確ではない。

(さかずき)というのは本来、神前結婚式で三々九度に使われる、お皿のように底が浅くて口の広い器を指す。
酒器としては最も古く、土器の時代から素焼きで作られていた。漆塗りのものが登場したのは平安時代だ。
お酒は元々「神に捧げる飲み物」だったため、結婚式や正月など、改まった行事の時に杯が使われることが多い。

居酒屋でよく出されるのは、おそらくおちょこぐいのみのはずだ。

猪口(ちょこ)は、杯が陶磁器で作られるようになってできたもので、普通は杯より口径が小さく、底も少し深くなっている。底に近づくに連れてすぼまる形状は一緒だ。通常、お揃いの徳利とセットになっている。
「普段使いの杯」という役割なので、改まった席で使われることは少ない。
江戸時代は、宴の最初に杯を使い、座がなごんで来ると猪口に替えたらしい。

具衣呑み(ぐいのみ)は、口径こそ小さいが底はしっかり深く、円筒形に近い。居酒屋で最もよく見かける酒器と言っていいだろう。本来、肴を盛り付ける向付の器が酒器に転用されたものらしい。

「具衣呑み」という言葉は、かつて武士たちが出陣の際に酒を呑む行為を指したのだが、やがてそれに使われる器もそう呼ばれるようになったと言われている。戦の具足や衣装を身に付けたままでさっと呑むため、普段用いる酒器よりも大きめの器が使われたようだ。
具衣呑みも改まった席で用いられることはなく、本来はお揃いの徳利もない。
よく、きき酒に使われる蛇の目猪口は、形から言えば「ぐいのみ」であり、「猪口」という呼び名は誤用だ。

「コップ」は一般的な呼び名ではあるが、厳密にはタンブラーと言う。
底が平らで、取っ手などが付いていないグラスを指す用語だ。ワイングラスのように脚が付いているものや、ジョッキのように取っ手がついているものは、タンブラーとは言えない。

グラスは古くから高級品として輸入されていたが、酒器として利用され始めたのは、江戸時代からだ。18世紀後半からガラス生産が広がり、全国各地でさまざまなグラスが作られるようになった。
現代では、切子クリスタル耐熱グラスなど、さまざまなグラスが酒器として使われている。

ほかに、も酒器として使われるが、これについては「お酒を注ぐ器編」で採り上げたので、2月12日の記事を参照してほしい。
可杯(べくはい)」といったユニークな酒器もあるが、特殊な物なので、同じくここでは割愛する。

ちなみに、自分が一番好きなのは「ぐいのみ」だ。飲むペースが割と速いため、このくらいのサイズでないと、忙しくてかなわない。磁器やガラス製では口当たりが少々物足りないので、陶器製、それも備前焼なら最高だ。