南浦和の駅から歩いて4~5分の住宅街に、1軒のショットバーがある。こんな場所にショットバー?…と、思わず突っ込みを入れたくなるような立地なのだが、これが銀座のバーにも引けを取らない品揃えで、誘蛾灯さながらに周辺の酒マニアを惹きつけている。
それが、Bar Revelstock(レベルストック)だ。

場所は、南浦和駅東口から駅前通りをまっすぐ進み、サンクスの角を左折、JRのガードをくぐって2つめの角を過ぎた右手3軒目。付近の住人以外、通る人も限られそうなエリアだ。

店内は、10席ほどのカウンターが奥まで伸びる正統派のショットバー。インテリアもキレイで、広さも程よい。
洋酒の品揃えも豊富。特にシングルモルトの充実度は魅力的で(約300本)、いくら地元・埼玉の蒸留所とは言え、年に200~300本程度しか発売されないイチローズ・モルト(07年4月7日の記事参照)のほとんどが揃っているのには驚いた。

インディペンデント・ボトラー物のウィスキー(07年8月14日の記事参照)も置いてあるし、フランスのジン「エギュベル」(07年4月17日の記事参照)を飲んでいるお客さんも…。
ビールは、ドイツ、ベルギー、イギリス、チェコ…と40種類近くある。流行のフルーツカクテルにも対応。
つまみはドライフルーツ(400円~)から各種が揃い、牡蠣のグラタン(950円)や、ボンゴレスパゲティ(1,000円)といった食事メニューも用意されている。

お酒の価格はピンからキリまでだが、多いのはシングル900円前後だろうか。
自分が飲んだ「タリスカー175周年記念ボトル」は最も高い部類だったが、確か2,100円だった。

これは、タリスカー蒸留所が現在の住所で操業を始めて175周年経った2005年にボトリングされたオフィシャルボトル。全世界で6万本限定(日本は1,500本)という代物なので、タリスカー好きの自分にとって見過ごせない一品だった。味は、普通のタリスカーの延長線上という感じ。何年物なのか気になるが、記載がない。
半分飲んだところで、トワイス・アップ(※)にしてもらう手もあったかなぁ、とちょっと後悔した。アルコール度数は45.8度だ。

※トワイス・アップとは、ウィスキーと同量の常温水で割る飲み方。ウィスキーの香りが引き立ち、個性を際立たせる。

お客も洋酒に詳しい人が多いようで、まさにこの店にしてこのお客あり。思わず「良かった~、この店が家の近くじゃなくて…!」と呟いてしまった。こんな店が近くにあったら、正直ヤバイ

元々は浦和の仲町で10年目を迎えているBARで、南浦和店は05年10月11日にオープンした2店舗目。
浦和店の方にも、ぜひ1度お邪魔してみたい。

→Bar Revelstock
http://www.revelstock.jp/minamiurawa/top.html