手頃な値段でおいしい日本酒が飲めて、おいしい魚が食べられる。自分にとってこれは至福の時なのだが、こういう店が簡単なようでなかなかない。だが、昨夜訪れた新板橋の「ST」はドンピシャだった。

場所は、都営三田線「新板橋」駅A3出口を出て、中山道を渡ると、ラーメン屋さんの隣にある。
店内は、11席ほどあるカギ型のカウンターのみ。以前は魚料理の「喜三郎」という店だったため、カウンターの雰囲気もどことなく寿司屋さんに似ている。黒い石造りのカウンターで、奥の一段高くなっている部分も幅がある。その内側は、長いまな板のような木が渡してある。
椅子は、赤い面を黒い枠が囲んでいるちょっと目立つデザインで、なかなかオシャレだ。

店主の中西正勝さんは、銀座のすっぽん料理店や、牛込神楽坂の「つず久」で修行した経験を持っており、この店の魚料理わさびめしには、それが活かされている。
店にメニューはなく、その日ある主な日本酒の名前が、カウンター上の切り株(?)に7種類前後貼り付けられている。料理は通常、黒板に書かれているが、コースのお客ばかりの日はそれもないことがある。

日本酒は美味しいものばかりで、価格は600円~850円ほど。(多いのは700円台)ほとんど純米か純米吟醸で、無濾過生原酒や山廃も含まれている。量は大きなぐい飲みに1合あるので、これはお値打ちだ。
よく置いてあるのは、鶴齢、美丈夫、奈良萬あたり。秀鳳、出羽桜、菊姫、蓬来泉、十四代あたりは時の運。
何も言わなくても、日本酒に仕込み水を付けてくれるのは嬉しい。

料理は、刺身盛り合わせ(1,500円)、穴子白焼き・または天ぷら(600円)、青もずく(800円)、長芋漬(500円)、ホヤ(300円)あたりが定番。もずくは、ホタテ貝の殻の中の熱湯にくぐらせて食べる。
あとは季節の魚が600円~800円くらいで食べられる。昨晩は、サザエ(700円)や亀の手(700円)、のど黒(2,500円)などもあった。〆のさわびめし(600円)は、辛さと旨さで涙が出る。
おまかせコースは5,000円だが、かなりいい魚貝類が出されるので、絶対おすすめ。魚好きにはたまらない。
なお、ここはお通しも魚介料理が出される。

近所の地酒専門店・新井屋酒店と共同で地酒の会(○○を飲む会)もよく催している。蔵元の方の話をききながら、その蔵の地酒をフルラインナップで楽しめ、一般に流通していない限定酒も飲める。肴付き2時間3,000円で、用意したお酒がある限り飲み放題。これはもうムチャクチャお得としか言いようがない。

なお、ランチ(11:30~13:30)もやっていて、こちらもボリュームたっぷりだ。

→食べログ:ST
http://r.tabelog.com/tokyo/rvwdtl/572419/