2店目の限定カレーは、京橋のビストロDozen Roses(ダズンローゼス)」の手作り欧風カレー。
ランチ限定で、1日15食までとなっている。
場所は、宝町駅のA1出口を出て左折し、次の角を右に曲がった、京橋消防署の向かい。

こぢんまりとしていて目立たないお店だが、レンガ造りの外観は品がある。
店内は、入って右側に2人用テーブルが2つ、正面に8席のL字型カウンター、左手の奥に4人用のテーブルが1つ。
壁にはミュシャのリトグラフが、レジの横にはガレランプのレプリカが飾られている。

店主は、かつて博多 和田門銀座店(現在は閉店)で13年間料理長を務めた佐藤昭和シェフ。1999年6月24日に、同店から独立して奥様と2人でこの店をオープンした。

Dozen Roses(1ダースのバラ)という店名は、佐藤シェフお気に入りの作家、ディック・フランシスの競馬ミステリー『直線』に登場する競走馬の名前だ。佐藤シェフは、意外にも競馬や格闘技が大好きなんだとか。
一方、店の内装はミュシャ好きの奥様の影響らしい。

ステーキで有名な「博多 和田門」だが、銀座店で出していたカレーライスの評判が高く、佐藤シェフの元にも懐かしむ声が多数寄せられたため、2003年からランチメニューに加えたということだ。

ランチのメニューは、「手作り欧風カレー」(1,365円)のほか、米沢牛ヒレ肉の入った「特製ハヤシライス」(1,575円)と、白身魚のフリット、ホタテ、海老が入った「特製魚介のピラフ」(1,575円)がある。いずれもサラダ付きだ。
1日限定15食はカレーだけで、あとの2つは限定10食。
この3つのメニューすべてが、甲乙つけがたいほどの大人気となっている。

カレーは、細かく刻まれたリンゴとドライレーズンが混じったバターライスの上に、ほぼ真っ黒に近いルーという組み合わせ。このルーは3日間かけて煮込まれているそうで、非常に濃厚で美味しい。中には柔らかく煮込まれた伊万里牛のバラ肉がゴロゴロ入っている。辛さは抑えめ。

付け合わせとして、福神漬けとラッキョウ、トマトペーストの3つが添えられる。このペーストは、トマトソースに蜂蜜とレモンを加えたもので、カレーに酸味や甘味を加えたい場合に混ぜてほしいとのこと。これを加えた方がルーの重たさが少しやわらぐので、個人的には混ぜた方が美味しいように感じた。半分ほど食べ進んだあたりで混ぜるというのも、いい方法かもしれない。

ランチのサイドメニューに、デザート(+315円)、デミタス・コーヒー(+260円)、デザート&コーヒー(+470円)が追加できる。また、オードブル、デザート、コーヒーが付いたセット(+1,260円)にすることも可能だ。
これらは、ハヤシライスやピラフでも同様。

午後1時を過ぎると、カレーとハヤシライスの「あいがけ(1,850円)」など、いくつかの裏メニューが注文できるようになる。午後1時を回っても品切れしていない日が多いので、これらを試してみるのも面白い。裏メニューの情報は、同店のホームページに載っている。

ランチがこれだけ美味しいと、当然ディナーも気になってくる。
同店のディナーで有名なのが、「生うにのクレープ包みオマールソース(2,650円)」だ。寿司5カン分ほどの生うにがクレープに包まれている贅沢な料理で、これを食べると誰もが言葉を失うという。

なお、土曜日は、ランチ/ディナーの区別がなくなり、終日一通りの料理を揃えた特別メニューになる。
残念ながら、ワインリストはチェックしていない。
だが、レジの後ろに大型のワイン専用冷蔵庫が備え付けられていたし、ボルドーの5級ながら3級並の人気と実力を備えているシャトー・カントメルルの木箱がカウンター内に置かれていたのを目撃した。
ワインの品揃えも、きっと期待を裏切らないに違いない。

→Dozen Roses
http://homepage3.nifty.com/d_roses/