BARが多いことでは有名な銀座だが、それでも夜景のきれいなBARとなると、あまり思い浮かばない。今、自分が知っている中では、8丁目の「SKY」がおすすめだ。

このBARは「三井ガーデンホテル銀座プレミア」のロビー階(16階)にある。
三井ガーデンホテルは2005年にオープンした高層ホテルで、1階の入口にはロビー階までのエレベータしかなく、16階から上がホテルになっている。(下層階はリコー本社)

このホテルをプロデュースしたのは、イタリアの世界的デザイナー、ピエロ・リッソーニ。部屋数361室の中型ホテルだが、スタイリッシュで高級感のあるデザイン空間に仕上げていて一見の価値はある。

16階のロビーに最初に足を踏み入れると、誰もがまずその夜景に目を奪われるはずだ。なにしろ、東京タワーが驚くほど近くに見える。
「SKY」自体は築地方向に面しているため、残念ながら店内から東京タワーはほとんど見えない。ただし、一番ロビー寄りのラウンジ・テーブルは別だ。ロビーとの境がガラスのため、ロビー越しに東京タワーを眺めることができる。

ホテル内の飲食店は、この「SKY」と隣にあるBAR「KARIN」(こちらが銀座側)のみで、「SKY」がメインダイニングの役割も果たしている。
よって、店内の多くをレストランスペースが占めているが、入口の近くにバーカウンターがあり、目の前の夜景を眺めながらグラスを傾けられる、銀座でも貴重な場所になっているのだ。
カウンターの右側はラウンジスペースになっており、こちらで飲むこともできる。窓際にはわずかながらソファ席があり、ここは絶好のカップルシート
奥には半個室のスペースなどもあり、総席数は全部で111席ある。

「SKY」の料理は、有機野菜を中心としたコンテンポラリー・イタリアン。
午前7時から9時半までの朝食タイムは、有機野菜や自家製パンケーキを中心としたビュッフェで、料金は2,100円。
11時半~14時までのランチタイムでは、前菜とデザートがビュッフェになっていて、それにパスタかメインを付ける。こちらの料金は2,500円だ。

17時半~23時がディナータイムとなる。コース料理は6,800円のプリフィクス形式で、25種類の料理から3品+デザートを自由に選べる。3品すべてをメイン料理から選んでも良いという、ユニークな形式だ。
産地直送の無農薬野菜を中心に構成されているため、ともかく野菜がおいしいという評判。ただ、肉や魚が使われていないので、物足りないという人もいるかもしれない。
ほかに、シェフ特別テイスティングコース、12,000円も用意されている。

BARとラウンジでは、おつまみ風の軽食もメニューに揃えられている。飲み物も含め、価格は千円台くらいが中心。ワインもオーガニックを含む約140種類がラインナップされており、ソムリエ資格を持つスタッフが3名いるという話だ。

週末には誕生祝いをここで過ごすカップルが何組か見られるし、レストラン・ウェディングの会場としても人気がある。
価格は少々高めだが、デートなどに絶好のロケーションであることは間違いない。

→SKY
http://www.sky-ginza.com/index.html