手頃な価格で美味しい地酒が揃っている居酒屋を探すにも、場所が銀座となると難しい。高くて美味しいものならいくらでも見つけられる街だが、手頃で美味しいとなると、いきなり難しくなるのがこの街だ。
そういう時、探すべきなのは路地裏か街はずれと相場が決まっている。銀座も昭和通りを越えると、とたんに面白い店が増えるのだ。居酒屋「なじらて」があるのも、昭和通りの1本裏。

場所は、昭和通りの銀座2丁目信号を築地方面に入り、最初の角を左折、60mほど歩いた左側にある。
ともかく、壁の側面が全面お酒のラベルで埋め尽くされているので、自分ならずとも酒好きの足を止めさせるには充分なインパクトがある。

引戸を開けると(建て付けは良くない)、店内は厨房を囲むカギ型のカウンターに10席、その手前と奥の2箇所にテーブルが1卓ずつと、決して広くはない。
カウンターの上部には、一升瓶がズラリとディスプレイされている。

変わった店名は、「いかがですか」という意味の越後方言らしい。新潟の地酒ももちろんあるが、それに留まらず、全国の美味しい地酒が豊富に揃えられている。

日本酒は、プラスチック製の升に入ったグラスにに注がれるが、グラスから溢れて升いっぱいに入れてくれる。量は「1合(180ml)」と書かれているが、どう見てもそれ以上あることは間違いない
メニューに掲載された日本酒のうち、10種類以上が「品切れ」となっていたが、注文してから言われるよりは、ずっと親切だ。先週末に揃っていた銘柄は、以下の通り。

麒麟山・伝辛(550円)、愛宕の松・別仕込 本醸造(600円)、羽根屋・番外品特別本醸造(600円)、八海山・本醸造(650円)、七田・特別純米(650円)、ソガ ペール エ フィス J1(650円)、鷹長・純米槽搾りしずく酒生原酒(650円)、花菱・山廃純米秘蔵5年古酒(700円)、菊水・無冠帝(700円)、天青・純米 防空壕貯蔵(700円)、道潅・吟醸無濾過生原酒(700円)、鉄砲隊・吟醸無濾過火入れ原酒(700円)、田酒・特別純米(750円)、荒蝦夷・純米活性にごり(750円)、手取川・大吟醸(750円)、石鎚・純米吟醸槽しぼり緑ラベル(750円)、妙の花・特別純米(750円)、鶴齢・特別純米無濾過生原酒(800円)、十文字・純米吟醸(800円)、天明・特別純米亀の尾無濾過2006年(800円)、瑞冠・いい風・純米吟醸雄町袋取り(800円)、木戸泉・純米AFS(900円)。

焼酎も、富乃宝山や三岳、黒霧島、鳥飼など、38種すべて500円だった。
銀座でこの銘柄がこの値段。しかも、量は1合に余りあるほど。これは混むのも当たり前だ。
詳しくはホームページをご覧いただきたいが、料理も酒の肴として充分な種類と美味しさを備えていた。

BGM70年代の曲中心というのも、オジサン泣かせ。ほかの店ではまず聞けないような懐かしのロックやニューミュージックが次々と流れる。
とは言え常連はオジサンに留まらず、若い男から外国人まで、かなり幅広い。

平日でもピークの時間帯は満席。先週の火曜は、とある歌舞伎役者さんから貸切の予約が入っていた。なるべく電話で確認してから訪れた方がいいだろう。

このあたりの、いわゆる歌舞伎座裏界隈は、面白い店がけっこう多い。いずれ、近くにあるテイストの違う店も紹介したい。

→なじらて
http://izakaya-najirate.com/