大宮に、ウェストサイドストリートという駄洒落のようなネーミングの路地がある。
元は西武デパートの横を抜けていたために付けられた名前だと思うが、今は「LOFT」になってしまったため、某ミュージカルのパロディ以外の何物でもないネーミングになってしまった。
全長100m余りで、車が通れないほどの狭い路地だが、左右に数多くの飲食店が立ち並んでいる。

その旧中山道寄りに、「洋酒館 バジェナ」がある。
場所は、大宮駅の東口駅前から銀座通りを北に進み、「LOFT」の手前のウェストサイドストリートに入って約80m、左側。
うっかりすると通り過ぎてしまいそうな目立たない店だが、その名の通り洋酒の品揃えはかなり充実している。

店構えはパブ風だが、本物の油絵があちこちに飾られた独特の雰囲気。「洋酒」というネーミングは、伊達ではない。
けっこう古い店らしく、店内は落ち着いた趣がある。
入口から奥にかけて、4人用のテーブルが並べられていて、総席数は45席ほどだ。

生ビール(450円~)もあるが、世界各国のビールを小瓶で取り揃えており、20種類以上はあった(550円~)。
ボトルワインも2,800円から色々あり、ウイスキーはグラス400円から揃う。
ほかに、サワー(400円~)やカクテル(480円~)も提供しており、ドリンクメニューは全部で250種類にもなるそうだ。
「洋酒館」なので日本酒はさすがに見当たらなかったが、焼酎はしっかり揃えてある。

料理は、和・洋・中・エスニックと、ほぼノンジャンル。カモ肉トロカルパッチョ(680円)、タコス(680円)、牛肉のビール煮(700円)、豆腐ごま味噌サラダ(600円)、地鶏のソーセージ(580円)、パスタ(630円~)、自家製ピザ(500円~)、その他多数。価格帯としては、決して高くない。
宴会コースは2,000円~5,000円で、飲み放題は2時間2,000円(28種類のドリンク)。

バーでもないのに、これだけ多くのお酒が楽しめる店はなかなかない。
よほど洋酒好きの人がやっているのだろうと思ったのだが、少なくともフロアで見かけたのはふくよかな年配の女性で、とても洋酒マニアには見えなかった。

普通の居酒屋と一味違った店に行きたい時など、ここに友人を案内すれば話の種になりそう。
昼間はランチもやっていて、カレーが人気のようだ。(辛口はけっこう辛いらしい。)

→Saitama Infoドットコム/洋酒館 バジェナ
http://www.saitama-info.com/cgi/prn_info.cgi?ta_0486432900_0