近所に住んでいない限り絶対に行きそうもないのだが、近所に住んでいたら必ずや足を向けたくなる、そんな居酒屋がたまにある。
南浦和にある「芽だか家」もそんな店のひとつだ。

場所は、南浦和駅の東口から駅前通りを直進し、左側の「サンクス」の角を左に曲がって、すぐ右手の路地に入ると、右側にある。駅から歩いて約4分。

店先に下げられた緑提灯が目印になる。
緑提灯は「地場産品応援の店」の証しで、国産食材を半分以上使用している店が掲げられる。この店は星が3つ描かれているので、70%以上は国産食材ということだ。

古くて小さな大衆居酒屋なので、入るには少々勇気が要るかもしれない。
実際、店内は狭い。カウンターに5席、テーブルは4人用、2人用が1卓ずつ。店は、年配のご主人が1人で切り盛りしている。

平日の早い時間だと、客が誰もいないことも。
だが、意外とこの店のファンは多い。その理由は、この店の酒と肴。
ご主人の好みがモロに反映されているのだが、酒飲みのツボを心得ているのだ。

日本酒は、・純米(600円)、喜久酔・特別本醸造(650円)、獺祭・純米吟醸50(700円)、山形正宗・純米(700円)、三芳菊・特別純米(700円)、花陽浴・純米吟醸袋吊り斗瓶囲(750円) 、鷹勇・純米吟醸なかだれ(800円) 、黒龍・大吟醸(1,200円)。お燗向けに金寳(ぎんぽう)・純米 燗誂(600円)もある。

黒龍は少々高いものの、全体的に手頃で美味しいものを揃えてあるし、特に埼玉・羽生の「花陽浴」はなかなか飲めない。
ほかに、臨時に入荷する銘柄もあるようだ。

焼酎は、芋紫尾の露(400円)、(400円)、伊佐大泉(400円)、 赤兎馬(550円)、げんもん・原酒38度(700円)。
麦がむらさき浪漫(450円)、唐変木(400円)。
米に水鏡無私(400円) 、泡盛に天使の夢(500円) がある。

ビールザ・プレミアム生(500円)、ほかにボトルワイン(2,000円~)などもあるらしい。

料理も、酒飲みに嬉しいメニューばかり。
塩やっこ(400円)、いか丸干し焼き(400円)、旬肴盛り合わせ(800円)など手頃な価格のものが多く、これに旬のものや珍味が加わって、メニューは飽きない。
ふぐのこ茶漬け(600円)は、ふぐの卵巣を2年以上糠に漬けて毒を抜いた珍しいお茶漬け。
中には、のどくろ一夜干し(1,500円)や、牛みすじ焼き(1,200円)といった、少々高価だが希少な素材も揃っている。(旬の時期だと、のどくろが煮つけなどでも食べられる

旬の美味しい野菜や魚介の料理がいただけて、味付けの注文やワインに合う料理をといったわがままもOK。
酒飲みにとって、家に帰る途中でつい寄りたくなるのは、こういう店なのだ。

→芽だか家
http://members.jcom.home.ne.jp/medaka/medaka.htm