お酒には、その発祥にまつわる逸話が残されているものが少なくない。
その中でも、最も良く知られたものの1つが、スコットランドのリキュール「ドランブイ」の逸話だろう。

ドランブイは、平均熟成15年のハイランド・モルト・ウイスキーを中心とした約40種類のスコッチと、スコットランドの原野に咲くヒースの花のエキスや蜂蜜、各種ハーブ、水、シロップなどを配合した、英国産リキュールの傑作。まともなショットバーで、この酒を置いていない店は、まず無いと言ってもいいだろう。

洋酒好きな人なら知っている人も多いと思うが、その発祥はイギリスの王位継承戦争にさかのぼる。
1745年、ステュアート王家のチャールズ・エドワード・ステュアート王子は、フランスの支持のもと、王位継承権を争う戦いを起こした。
エジンバラ・ダービーまで進撃するが、インバネス州カロデン・ムーアで大敗し、フランス王家との連絡も途絶え、王子は敗走する。3万ポンドの賞金までかけられたが、それでも王子への忠誠を守って、スコットランド北西のスカイ島からフランスまでの亡命に尽力したのが、ハイランド貴族のジョン・マッキノンらの勇士だった。

亡命は成功し、王子は褒美としてジョン・マッキノンに王家秘伝の酒の製法を授けた。これがドランブイというわけだが、マッキノン家は王家秘伝の酒に敬意を表し、それを製造販売することなく、しばらくは一族の間だけでその製法を伝えていった。

160年以上経過した1906年、マッキノン家の子孫であるマルコム・マッキノンがついにエジンバラでドランブイの製造販売を開始する。
ドランブイという名前は、ゲール語の「dram(飲む)」と「buidheach(満足な)」を合わせて、満足できる酒という意味を込めたネーミングらしい。
日本でも容易に飲めるようになった現在でも、そのラベルには「Prince Charles Edward's Liqueur(チャールズ・エドワード王子のリキュール)」の文字が記されている。

スコッチウイスキーに、複雑な香りと甘さが加わった味は、女性にもおすすめ。
飲み方もかなり自由に楽しめ、ストレートやロックはもちろん、「ボギーズ」と呼ばれるソーダ割、ジンジャーエール割、トニックウォーター割、冬はお湯で割ってもおいしい牛乳やクリームで割るのが好みという人もいる。(度数は40度なので、ウィスキー並)
カクテルのベースとしても使われ、特に有名なものに「ラスティ・ネイル」(スコッチ+ドランブイ)がある。

男っぽい映画俳優として有名なハンフリー・ボガードは、マティーニだけでなく、このドランブイも大好きだったという。

また、ちょっと意外だが、70年代のドランブイには、カレーに使われる香辛料・ターメリックが多く含まれていたため、ほのかにカレーっぽい香りがしたらしい。確かに、17世紀~19世紀にかけて、イギリスは東インドと香辛料貿易を盛んに行っていたので、その影響かもしれない。

現在、ドランブイは750ml瓶で3,930円、375ml瓶で1,970円程度(消費税別)。ディスカウントショップなら、もっと安く手に入る。
ぜひ1度、イギリス王家秘伝の味をお試しあれ。

→DRAMBUIE
http://www.drambuie.com/