10月19日に受けた試験に合格し、無事フードアナリスト資格を取った。
一番下の4級なので、(厳密にはその下に「初級」があるが、初級は「フードアナリスト」を名乗れない。)こういうブログをやっている以上、合格するのが当前かもしれないけどね。

この先、3級、2級とステップアップしたいところだが、その前にクリアしたい目標が別にある。
それは、ワインエキスパート資格だ。
飲食系の資格としては最難関なので、これまでのような独学でのクリアはかなり難しい。1年くらいの受験勉強期間を設け、そのうち数ヶ月はワインスクールに通わないと、一次はともかく二次試験はまず通らないだろう。(二次試験は、口頭試問とテイスティングがある。)

自分の場合、スクールに通う時間を確保できるかも問題だし、あったとしても学費を貯めるところから始めなくてはならないんで、かなり悩ましい。とりあえず、少し飲み歩きを控えて、貯金を目指すか…。

そう言えば、今月の20日にはボジョレ・ヌーボーが解禁される。たまたまだが、「ミシュランガイド東京2009」発売の前日だ。
解禁直後は高い(とは言っても2~3千円くらいだが)ボジョレも、少し日が経てば価格も下がってくる。少し落ち着いて来てから飲んだ方が得策だ。

今やワインの新酒の代名詞となったボジョレだが、新酒はボジョレ地区だけではなく、その北側のマコネ地区や、コート・デュ・ローヌ、ブルゴーニュなどでも同日に解禁される。
赤が有名だが、数は少ないものの白やロゼの新酒もあり、特にロゼは希少品だ。

また、イタリアやドイツにも新酒はある。イタリアではノヴェッロと言い、11月6日が解禁日。ドイツではデア・ノイエと言い、更に早い11月1日からお目見えする。
日本でも、解禁日こそないものの、新酒ワインは同じくらいの時期から出回り始める。

ボジョレもいいが、これらそれ以外のヌーボーを試してみるというのもおすすめだ。知名度のあるボジョレに比べて割安に飲める上、知っている人が少ないだけに、通を気取れるかも