そろそろ寒さも本格的になってきた。こういう季節には、お燗で日本酒というのも、風情があっていいものだ。

最近は燗酒に馴染みのない人も多いが、お燗を付けると体が温まるだけでなく、お酒の味がまろやかになったり、旨みがふくらんで味のバランスが良くなったりするのだ。
また、アルコールは体温に近い温度の方が体内に早く吸収されるので、飲みすぎの予防にもなる。
肴の風味を引き出したり、口の中をさっぱりさせたりする効果もあるらしい。

日本酒なら何でも燗付けすればいいというわけではなく、やはりお燗に向く酒と向かない酒がある。お燗した方がおいしくなるお酒のことを燗上がりする酒というのだが、大雑把に言ってしまえば、しっかりした純米酒、特に「山廃」や「生もと」とラベルにあるお酒は燗上がりするものが多い。

一方、お燗に向かないのは、大吟醸酒や生酒だ。香り高い大吟醸酒は、温めるとせっかくの香りが飛んでしまうし、新鮮さを楽しむ生酒も冷やして飲むのが普通。
新潟に象徴されるような淡麗系の日本酒も、水っぽくなってしまうことが多いようだ。

ただし例外もあって、香りより旨みに重点を置いて造られた大吟醸酒や純米吟醸酒だと、お燗で美味しくなる銘柄もあるし(代表格は黒龍の「九頭竜」)、生酒も同様。
だが、こうした飲み方を試すのは、お酒に精通した人か実験好きな人以外、やめておいた方が無難だ。

よく「人肌」「ぬる燗」「熱燗」などと言うように、一口にお燗と言っても様々な温度がある。
下に、酒造業界での一般的な目安をご紹介しよう。
別に厳密な定義はないので、これよりやや高めの温度を想定している蔵などもあるようだ。

 ・30℃近辺 = 日向燗(ひなたかん)
 ・35℃近辺 = 人肌燗(ひとはだかん)
 ・40℃近辺 = ぬる燗(ぬるかん)
 ・45℃近辺 = 上燗(じょうかん)
 ・50℃近辺 = 熱燗(あつかん)
 ・55℃以上 = 飛びきり燗(とびきりかん)

「飛びきり燗」以上に、飲めないほど熱くなってしまった酒は「煮え燗」というらしい。
エチルアルコールの沸点は78.32℃なので、それ以上熱くしてしまうとアルコールが気化して、荒れた味になってしまう。温めすぎには注意したい。

どの温度が美味しいのかはお酒によって異なるし、飲み手の好みにもよる。
一般的には、ぬる燗と言われる40~43℃程度が、最も美味しいと言われる。
だが、意外に「上燗」(44~48℃くらい)で味が際立つ銘柄も多いので、できれば自分で色々と試してみるといいだろう。

たまに、飛びきり燗でひときわ旨さを増す酒や、燗冷まし(一旦70℃くらいに熱してから適温までさましたもの)で旨くなる酒もあるので、なかなかお燗も奥が深い!