お燗を付ける方法は色々あるが、ベストと言われているのが湯煎
徳利が肩くらいまで入る深さに水を入れた鍋を温め、80℃程になったら火を止めて、日本酒を入れた徳利を浸ける方法だ。常温の日本酒だったら、1~2分(好みの温度による)で温まるだろう。

をよく伝えるためにも、使用するのは薄手の徳利が望ましい。
徳利を浸して少し経ったら、お湯の中で徳利を何回かグルグルと回すと、中の温度差を少なくできる。

慣れるまで、できれば温度計を使うと理想的だ。温度計がない場合は、1分くらい温めたところで徳利を一旦出し、両手で包んで温度を見る。もう少し熱い方が好みだと思ったら、再度お湯に浸ければいい。
鍋を直接火に掛けると熱くしすぎるおそれがあるし、湯煎の方がずっとまろやかで優しい味わいのお燗ができるはずだ。

電子レンジで温めると温度ムラが激しいと言われるが、これもやり方次第。厚めの徳利なら、むしろこちらの方が向く
徳利の上半分をアルミホイルで覆えば、お酒が対流して温度ムラをほとんどなくすことができる。
アルミホイルが電子レンジの内壁に触れると火花が出ることがあるので、ホイルの端は徳利に密着させるようにするのがポイント。

ただし、電子レンジの機種によっては、アルミホイルが使用できないものもある。(説明書で確認しよう。)その場合は、徳利に割り箸を一本差しておくと、マイクロ波が反射して温度ムラを少なくできる。

なお、お酒は温めると膨張するので、徳利の口一杯まで入れないよう注意しよう。徳利の首よりも下にしておけば大丈夫

燗酒を頻繁にしたい人は、「ミニかんすけ」(17,000円)といった家庭用卓上型お燗器を購入してしまう手もある。銘酒居酒屋でもたまに見かける製品なので、手軽に優れモノの燗酒を楽しめる。ふた付の錫チロリが使われているため、燗酒を楽しむには理想的な酒器になる。
ちょっと高いが、温度計付きのタイプならなお良い。(21,000円)

どうしても自分で付けるのが面倒なら、燗付けのうまい居酒屋に行ってしおう!
自分の知っている燗付け名人は、錦糸町「井のなか」の工藤卓也さん、 阿佐ヶ谷「善知鳥」の今悟さん、築地「やまだや」の山田佳延さん…等々。もちろん、ほかにもいい店はたくさんあるはず

さあ、これでお燗についてはちょっとした通になったはず。年末年始は、ゆっくり燗酒を楽しもう!