少し前に、吟醸酒がどういうお酒なのかをご紹介した。今回は、吟醸酒以外のお酒についても、簡単にご紹介したい。

日本酒の分類にはいくつかの方法があるが、最もポピュラーなのが酒税法で使われている特定名称だ。これは、日本酒をその造り方によって大きく3種類に(細かくは8種類に)分けたもの。それは、「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の3タイプだ。

吟醸酒は、60%以下に精米した米と米麹を原料とし、醸造アルコールの添加はお米の重さの1割以内までとされている。(精米歩合や醸造用アルコールについては、吟醸酒の記事を参照)更に「吟醸造り」と呼ばれる手の込んだ方法で造られていることは、前に説明した通り。

純米酒は、精米歩合を問わず、醸造アルコールを添加しないで米と米麹(と水)だけで造られたお酒のこと(注)。
自分もそうだが、日本酒好きには「純米酒」にこだわる人が多い。醸造アルコールは一種の蒸留酒なので、日本酒(醸造酒)にこれを混ぜたら「混成酒(リキュール)」になり、日本酒とは言えないというものだ。ワインでも、ブランデーを添加したものは「酒精強化ワイン」などと呼ばれ、通常のワインとは区別されている。

本醸造酒の精米歩合は70%以下で、醸造アルコールの添加は吟醸酒と同じくお米の1割以内。ただし、こちらはいわゆる「吟醸造り」ではない通常の醸造方法で造られたお酒だ。

細かく分けると、これ以外に大吟醸酒(精米歩合50%以下の吟醸酒)、純米吟醸酒(醸造アルコールを添加していない吟醸酒)、純米大吟醸酒(醸造アルコールを添加していない大吟醸酒)、特別純米酒(特別な製造法であることを明記した純米酒)、特別本醸造酒(特別な製造法であることを明記した本醸造酒)の5種類が加わり、計8種類に分類される。

このどれにも当てはまらない日本酒は普通酒と呼ばれる。普通酒には、精米歩合が70%超のものや、醸造アルコールをお米の重さの1割を超えて添加されたもののほか、糖類を添加したものが含まれている。飲んだ後にベタつくような感じが残るお酒がこれで、二日酔いにもなりやすい安酒と言える。
大量生産されている日本酒の多くが「普通酒」だが、正直言ってこれを日本酒とは思ってほしくない。それを普通酒と称するのは、確かに変な話だ。

昔の「特級」「1級」「2級」は、いずれも普通酒だった。級は蔵の自己申告で認定され、一応、国の審査はあったものの旨い/旨くないといったあいまいなものだ。級が上なら税金も高くなるため、「特級」を申請してきた酒をわざわざ却下するケースがどの程度あったのか、かなり疑わしい。
高い税金を払える大手メーカーはイメージを重視して特級や1級を申請し、小さいメーカーは2級に甘んじるというのが実情だったようだ。

1992年に「特定名称酒」が制定され、それまでの級は廃止されたものの、灘・伏見などの大手メーカーでは、かつての級の代わりに「特撰」「上撰」「佳撰」という呼称を使用していたりする。そうした序列を付けないと、価格の違いを説明し辛いのか…。

特定名称酒なら必ずラベルに種別が書かれているはずなので、逆に「吟醸」「純米」「本醸造」のいずれも記載がなければ、それは「普通酒」と思ってまず間違いない。そういうお酒は、酔えれば何でもいい人以外にはお勧めできないので、あしからず!


(注)2004年まで「純米酒」の精米歩合は70%以下と定められていたが、精米歩合の表記や3等以上の原料米を使用することなどを条件に、この制限がなくなった。これにより、粗悪な米でも精米歩合だけで「純米酒」と名乗ることはできなくなった。だが、「純米酒」と表記できなくなった酒でも、「米だけの酒」といった表現は可能なのでご注意。