山形は、名酒の里として余りにも有名だ。「十四代」や「くどき上手」をはじめとして、「山形正宗」「出羽桜」「鯉川」「上喜元」「杉勇」「秀鳳」「初孫」「麓井」「楯野川」「惣邑」…など、秀逸な銘柄が実に多い。
昨年、都内の銘酒居酒屋を対象に行われた「日本酒好感度調査」アンケートでは、山形県がぶっちぎりの1位に輝いたというのも無理はない。

山形の酒は、昔の広告コピーではないが、「コクがあるのにキレがいい」。
香り高い新潟の吟醸酒が「香り吟醸」と表現されるのに対し、山形の吟醸酒は「味吟醸」と評される。
そんな山形県のお酒で、最近特に注目度が高いのが、(有)新藤酒造店の「九郎左衛門 雅山流」だ。

新藤酒造店は、米沢市にある老舗の酒蔵。江戸中後期から庄屋の副業として酒造りを始め、明治3年、五代目・新藤九郎左衛門の代から本職となった。
地元では、「富久鶴」というめでたいネーミングの酒で昔から知られている。

八代目の時、山田錦で仕込む純米大吟醸で全国新酒鑑評会に出品するようになる。それを市販したのが「九郎左衛門」という銘柄。九郎左衛門は、新藤家で代々の当主が襲名するという由緒ある名前だ。

更に、次期当主であり杜氏でもある十代目の新藤雅信さんは、「本物の地酒・人の求める酒」を目標に掲げ、地元の原料を使って米から自社生産する一貫造りに挑んだ。この新しい銘柄が「九郎左衛門 雅山流」だ。

自らの名前から1字取り、それに「動かぬ山」「流れる川」の2字を合わせ、大自然の中で何にもとらわれることなく技を磨き上げたいという心をこめた酒名だ。
蔵の前の田で育てた山形特産の酒造好適米「出羽燦々」に、山形酵母、吾妻山系の伏流水と、地元にこだわった原料で醸された吟醸酒で、保管設備の整った地酒専門店だけが契約を交わして販売を許される。

一方、「雅山流」のコンセプトはそのままに、もっと自由な発想で造られる「裏・雅山流」というシリーズも誕生した。こちらの原料米は美山錦が中心で、中には、山田錦や山酒86号(山形県独自の限定品種)を使ったものもある。ラインアップには純米大吟醸や本醸造もあるものの、中心となっているのは純米無濾過生詰酒。
「雅山流」もコストパフォーマンスは高いが、純米の「裏・雅山流」は更に安くて旨いと人気がある。(ほとんどが1升で2千円少々)

更にレアなシリーズとして、「雅山流・影の伝説」という銘柄もある。これは、貯蔵されているお酒の出来具合を見計らって、不定期に発売される限定商品。発売ごとに銘柄の末尾にローマ数字が付けられ、現在「Ⅵ」まで発売されている。
原料米も精米歩合もまちまちなため、「新藤さんのきまぐれで発売される」という冗談まで囁かれているユニークな商品だが、「雅山流」や「裏・雅山流」のいずれかの酒がベースになっている。これは本当に流通数が少ないので、見ることはほとんどない。

気鋭の酒蔵が仕込む注目の地酒「裏・雅山流」。最近は都内の銘酒居酒屋でも、時おり見かけるようになった。
値段を超えたその味を、ぜひ確かめてみてほしい。

→有限会社 新藤酒造店
http://www.kurouzaemon.com/