ご夫婦2人で営むテーブル4卓だけの小さなビストロながら、某有名グルメサイトの「ベストレストラン2008」で、埼玉県の口コミ評価第1位(全国総合でも22位)に選ばれた店が上尾にある。それが、北上尾のビストロ「Maison d'H(メゾン ドゥ アッシュ)」だ。

北上尾は高崎線の下りで大宮から3つ目、1日あたりの乗降客数が1万人ちょっとという小さな駅で(大宮駅は約63万人)、飲食店自体が少ないエリアだ。しかも、店は駅から歩いて12分の場所。
大宮や浦和に何万もの店があるにも関わらず、こんな郊外のビストロが1位の評価を得たことに興味を抱いて、訪れてみた。

店は一見、瀟洒な庭つきの邸宅に見える。テラスにもテーブルが2卓置かれているが、ほとんど飾りに近いらしい。奥様が1人で給仕されているので、室内の4卓だけで手一杯なのだ。

食事は昼も夜も、基本的にコースのみ。コースは3種類あって、いわゆるプリフィクス式だ。オードブルとメインを、それぞれ5種類ほどの料理から選択する。デザートも、「本日のデザート」「仏産チーズの盛り合わせ」「自家製デザートの盛り合わせ」からチョイス

料理もワインも、前評判通り美味しかった。肉料理は焼き方がレア~ミディアムレアくらいで、他店と比べると軽めの焼き加減という印象だが、肉好きな人にはこの方が好みだろう。(逆に嫌いな人にはキツそう。)

ガルニチュール(付け合せ)の量が半端ではないので、肉料理のボリュームはかなりのもの。和牛ホホ肉の煮込みや、牛ヒレ肉のポワレならまだしも、仔羊のローストは骨付き肉が2ピースなので、これに色とりどりのズッキーニがたっぷり添えられると、かなり食べ応えがある。

ワインは4千円程度の手頃なスペインワインを頼んだのだが、料理に合っていて(仔牛料理の定番・メルロー種)美味しかった。小さな店なのに、ワインを80種類以上揃えてあると聞いている。

全体的に満足できる美味しさだったが、ずば抜けているというわけではなく、サービスも本格と言うよりはアットホーム路線。
口コミ・ランキングで埼玉1位になった原因は、どうやらコスト・パフォーマンスの高さにあるようだ。

ディナーコースが、税・サービス料込みで4,400円~7,800円。この日食べたのは、魚料理と肉料理が両方含まれているコースのハーフ(6,000円)だったが、かなりのボリュームだった。特に大食いでなければ、魚料理と肉料理のどちらかを選択するコースのハーフ(4,400円)でも充分だろう。
ハーフと言っても、この店ではフルより少し軽い程度と思っていい。
この味とこの量で、この値段なら、確かに満足度は高そうだ

それだけに常連も多く、定期的に訪れる客も珍しくない。(駐車場は6台分ある。)
ただ、あまり大食いでない自分には、この店のコースはボリュームありすぎ
もし次に訪れるとしたら、ぜひランチを試してみたい。軽めの美味しいランチをいただいた後、テラスでゆっくりコーヒーを飲めると、この店の良さを味わえそうだ。

→ぐるなび:Maison d'H
http://r.gnavi.co.jp/a245400/