銀座のファッションビルの中に、そこだけタイムスリップしたかのような、昔の田舎家風の居酒屋がある。味噌と「味噌たまり」を売りにした居酒屋、「弓町銀座 溜まりや 八」だ。

場所は、三井不動産が2007年4月19日にオープンした大型ライフスタイルショップ、「銀座Velvia(ベルビア)館」の7階。
「プランタン」裏の並木通りに面した銀座2丁目だが、ここは昭和24年~44年まで富士フイルムの本社があったところ。「Velvia」というのは、同社のリバーサルフィルムのブランド名であり、「Velvet(ベルベット)」と「Media(媒体)」を合成した造語ということだ。
30歳~40歳代の男女を対象に、ベルベットのように上質なショップを揃えた大人の隠れ家をイメージして名付けられたらしい。

店名にある「弓町」というのも耳慣れないが、この界隈の昔の町名だ。銀座という呼び名は1869年(明治2年)に正式な町名になったのだが、当時は1丁目~4丁目の中央通り沿いだけが「銀座」だった。それ以外の場所は別の様々な町名に分かれていて、2丁目の西側が「弓町」だったのだ。ちなみに東側は「木挽町」で、こちらは現在も歌舞伎座周辺を示す言葉としてけっこう使われている。店が昔風の内装なので、それに合わせて昔の地名が付けられたのだろう。

同ビルは地下1階と7~9階に飲食店が入っており、7階には8つの店がある。エレベーターを降りて右側の通路を進むと、右手2軒目が「八」だ。格子戸の上に下がった杉玉が目印になる。

入ると右側に6席のカウンター、左側に3卓の4人用テーブルがある。メインは、突き当たりの小上がりにあるコの字型の掘りごたつ式カウンター。調理スペースを囲むように10人ほどが座れ、大変風情のある席だ。
テーブルも椅子も全て木製で、古びた味を出している。床は玉砂利洗い出しのたたきで、壁は土壁、あちこちに設えられたパーテーションは小間返し格子の引戸。古民具の茶箪笥や、特注の大釜(3升炊き)など、すべてが古民家のイメージで統一されている。

この店では、国産大豆のみを使用した味噌を数種類、蔵から直接仕入れている。
「味噌たまり」とは、味噌を熟成する段階でわずかだけ取れる、旨味成分の凝縮された汁のことだ。醤油の起源ともいわれ、醤油より塩分が低くて甘味がある。これを煮物の味付けなどに使っているのだ。特に、魚の煮付けはこれのみで味付けされているそうだが、出汁も味醂も使っていないとは思えないほど、きちんとした味になっている。

食材は冷凍食材を一切使わず、こちらも多くが生産者との直接取引。お米、有機野菜、卵、地鶏、いも豚(芋類中心の配合飼料で育てた豚)…のいずれも、生産者の名前が明示してある。料理は定番メニューのほか、日替わりが黒板に書かれている。
魚は築地から仕入れていて、お造りは単品(850円~)と盛合せ(1,500円~)がある。1人用に少なめの盛合せにしてもらうことも可能だ。(千円くらい。)

ほかにも様々な和の家庭料理があるが、特筆すべきはやはり味噌汁だろう。北海道、岩手、山形、加賀、会津、越後、信州、江戸、越中、飛騨、知多、京都、徳島、九州…と、全国各地の多彩な味噌汁が楽しめる。
お通しは400円で、一昨日は和え物が添えられたカンパチの握り。食事の〆には、急須ごとお茶を出してくれる。

日本酒は18銘柄ある。緑川・純米(800円)、伯楽星・特別純米(800円)、長珍・特別純米(800円)、王祿・辛口純米生(850円)、岩木正宗「七郎兵衛」特別純米(850円)、秋鹿・山廃純米(850円)、昇龍蓬莱・特別純米玉栄(850円)、喜久醉・特別純米(850円)、黒龍・純米吟醸(850円)、而今・純米吟醸(850円)、菊姫・山廃純米(900円)、諏訪泉・特別純米(900円)、石鎚・純米吟醸(900円)、山形正宗・雄町純米吟醸(950円)、神亀・辛口純米(950円)、綿屋「幸之助院殿」純米吟醸(950円)、醸し人九平次・純吟山田錦(950円)、土佐しらぎく・純吟山田錦(1,000円)。

冷やはないため、常温かお燗かを選ぶ。いずれも徳利&ぐい飲みで、きっちり1合提供される。いい銘柄ばかりだし、すべて純米か純米吟醸なのだが、残念だったのはその保管方法。カウンター内の棚に並べられていて、ご丁寧にもダウンライトで照らされているのだ。これではお酒の劣化をあおっているようなもの。ディスプレイにするなら空瓶を並べて、商品は冷蔵庫に保管してほしい。(正直、冷やも欲しいし…。)

ただ、店長以下スタッフ全員が真摯にサービスに努めていて、付かず離れずの接客は好感が持てる。
訪れたのは水曜だったが、奥の掘りごたつ式カウンターの小上がりには貸し切りで宴会が入っており、7時頃で満席になった。
昔懐かしい風情にあふれながらも、どこか凛とした空気を感じさせるこの店なら、銀座にいることを忘れさせてくれること請け合いだ。

→弓町銀座 溜まりや 八
http://mi-mo.jp/pc/store.php?iid=0005&tid=00000229