駅前通りから1本入った路地裏で、ひっそりと営業しているショットバー。こういう店は、当たりかハズレか、はっきり二つに分かれるものだ。浦和の「AUTHENTIC BAR SAKAMOTO」は、貴重な当たりの店

場所は、浦和駅西口を出て、県庁通りを300mほど直進し、ファミリーマートさいたま高砂店の角を左折すると、右側4軒目にある。
扉を開けると、リビングルームのように落ち着いたフロアにテーブルが4つ。1段高くなった奥に7席ほどのカウンターがある。

オーナー・バーテンダーの坂本俊之さんは、高輪プリンスホテルでバーテンダーとしてのキャリアをスタートした。10年を過ぎる頃には、カクテルコンテストで3回の入賞、3回の優勝を果たすまでに腕を上げる。
飲料部門の責任者になっていた2000年、勤続20年を機に同ホテルを退職。中学の同級生だった奥様と、2人の地元である浦和にこの店をオープンした。今年でちょうど開店10年目を迎える。

決して広い店ではないが、この立地なら十分だろう。お酒の品揃えも、その名の通りオーセンティックながら、ワインや焼酎などもいくつか置かれており、様々なニーズに応えるだけの幅広さは備えているようだ。

バーとしては、決して種類が多い方ではないものの、セレクトはなかなかいい。グラスでいただいたワインも美味しかったし、「ピートが利いている癖の強いシングルモルト」とリクエストして出してもらった「ラフロイグ・クォーターカスク」(通常より小さい樽で寝かせることで熟成を促進したもの)も、ドンピシャだった。

カクテルやウィスキーは1杯1,000円くらいから。ザ・マッカラン12年で1,260円 、17年で1,680円だ。テーブルチャージは一人950円(お通し込み)と、浦和にしてはちょっと高め。
フードメニューも大体1,000円~1,500円くらいが中心。バーなので、軽いものが中心だが、フライやピザなども用意されている。

カクテルはもちろんだが、料理も美味しいので、バーとしては使い勝手がいい。洋酒好きが集まる少人数の飲み会に使われることもあるようだ。
奥様がいることで、普通のバーよりアットホームな雰囲気があるのも、このエリアには合っている。

駅前通りの賑わいからちょっと離れた路地裏で、こういう落ち着いたバーを知っていると、一目置かれそうだ。
余談だが、成美堂出版から発売されている『カクテル大事典800』には、ほかの2人のバーテンダーと共に坂本さんの作ったカクテルが写真に使われている。

→AUTHENTIC BAR SAKAMOTO
http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0488234039/index.html