さいたまアリーナからほど近い場所に、ちょっとユニークなワインバーがある。「GALA BAR MIZUNO」というイマイチ覚えにくい名前だが、要するにオーナー・ソムリエである水野英明さんの名前を冠したワインバーだ。「GALA」には、英語で「お祭り」とか「特別なおもてなし」といった意味があるらしい。

MIZUNO_外観場所は、「さいたま新都心」駅からも5~6分で行けるが、埼京線の「北与野駅」からは3分程と、より近い。北与野駅を降りて、「書楽」横の国道17号線を大宮方面に進み、八幡通りの信号を左折すると、次の右側の角にある。
「さいたま新都心」駅からだと、西口のさいたまアリーナ前の道を左に進み、埼京線のガードをくぐって、国道17号線を渡った次の角になる。

エントランスから店に入ると、右側が6席ほどのカウンター。左側に2~4人用のテーブルが4卓ほどの、小さな店だ。カジュアルレストランとしても使える洒落た造りだが、カウンター周りなどにワインのボトルがあちこち置かれているので、その辺は雑然とした印象もある。

開店は、2006年3月3日。パレスホテル大宮やリーガロイヤルホテルで腕を磨いた水野英明さんが、35歳を前に独立したのがこの店だ。水野さんは、ソムリエ・利酒師・調理師の資格を併せ持っている。その技を活かした独自の店を目指して、ユニークなワインバーを作り上げた。

それは、お酒も食事もメニューに頼らない、オーダーメイドシステム。お客が「どんなワインを飲みたいか」を水野さんに伝えると、水野さんは店にある100種類以上のストックの中から、好みに合いそうなボトルを幾つか持って来てくれる。説明を聞いて好みの1本を選ぶと、今度はそれに合う料理をその場で提案してくれるのだ。もちろん、その時の腹具合や好みの食材、季節や天候も考慮に入れてくれる。

MIZUNO_店内グラスワインも常時10種類前後が用意されているので、1杯ごとに銘柄を変えることも可能。もちろん、それに合わせて料理も作ってもらえる。
普通は先に料理を注文して、それに合うワインを選ぶものだが、この店は逆なのだ。あくまでワインが主役。先に飲みたいワインを決め、それに合わせた料理を作る。ワイン好きには嬉しい方法だ。

ただ、財布が心配な人は、価格を確認した方がいい。グラスワインでも850~1,500程と、上下で倍近い差があるし、ボトルは更に価格幅が広い。ワインバーとして決して高い店ではないが、居酒屋感覚で注文してると、予算オーバーということも考えられる。

料理を決める際は、食物アレルギーや苦手な食材について必ず確認してくれる。地元・埼玉の食材を使ったり、注文したワインをソースに使うなど、臨機応変だ。
1皿の価格も、グラスワインと同じか、ちょっと安めなくらい。3皿のセット(ワインと共にお楽しみ頂く3皿の作品達)が、税・サービス料込み2,300円と手頃だ

小さい店の割に接客がとても丁寧なのは、好みが分かれるところだが、これは一流ホテル出身というだけではなく、若手2人(本澤直之さんと深野大輝さん)への教育という意味もあるのかと思う。この店のスタイルと思った方がいい。

数回行けば好みを覚えてくれるので、そうなると今日の気分を伝えるだけで、飲みたいワインと食べたい料理が出て来るということもある。そうなると、もう離れられない店になるだろう。

→GALA BAR MIZUNO
http://www.gala-mizuno.com/