千の酒と、千の店

利き酒師、ワインエキスパート、フードアナリスト等、様々な資格を持つ酒好き会社員が、全て自腹で訪れた東京~埼玉の
数千軒の中から、美味しいお酒の店を選んでご紹介。約380店を最寄駅で検索できる「記事の索引」や、お酒コラムもあり!

間が空きそうです。

申し訳ない、仕事の都合で現在ブログの更新がままならず…
次の記事を掲載できるまで間が空いてしまいそうだが、できるだけ早期に環境を整備して再開したいと思っているので、しばらくお待ちださい!
よろしくお願いします!

世界最優秀ソムリエコンクール (13/4/12)

2013年3月29日、東京国際フォーラムで行われた第14回世界最優秀ソムリエコンクール公開決勝を観戦して来た。
世界最優秀ソムリエコンクールは、1969年から3年に1回開催されているソムリエのオリンピックだ。選手たちのトレーニングは、冗談抜きでトップアスリートに匹敵するレベルで、それは角野史比古さんの著書「たたかうソムリエ/世界最優秀ソムリエコンクール」(中央公論新社)を読むとよく分かる。

日本で開催されるのは、田崎真也さんが優勝した1995年の第8回以来、18年振り2回目
前回は、それまでフランス人とイタリア人以外の優勝者がいなかった中で田崎さんが優勝し、世界的にも話題になった。以降も、第9回でドイツ代表が、第12回でスウェーデン代表が、第13回でイギリス代表が優勝したものの、いまだ欧州以外の覇者は田崎さんのみだ。

これは、ワイン文化の歴史的な差という面もあるかもしれないが、実技試験で英語・フランス語のどちらかしか使えないという条件が大きなハンデになっているようにも思う。(ただし、母国語は選択できないので、フランス人は英語、イギリス人はフランス語を使用する。)
続きを読む

冷涼ワインの聖地、六本木「プロヴィナージュ」 (13/3/27)

プロヴィナージュ_外観神田や新橋をはじめとして、最近は格安ワイン居酒屋が注目されている。ワインに親しめる環境が広まるのは嬉しい限りだが、たまには本物のワインの美味しさに触れてみるのも、素晴らしい体験になるはずだ。

ワインの奥深さを垣間見せてくれる店として、ワイン好きにお勧めしたいのが、六本木の「プロヴィナージュ」だ。
場所は、六本木ヒルズから六本木通りを渋谷方面へ約200mほど進んだ左側。店はビルの2
階なので目立たないが、六本木六丁目のバス停を過ぎてすぐ左手なので、それを目印にするといい。
続きを読む

自然の美味が凝縮したカクテル!銀座「BAR 夕凪」 (13/3/12)

ロンドンで「ミクソロジスト」という呼称が広まったのは、1990年代の半ばだったろうか。リキュールに頼らず、果物やハーブなどをそのまま使うカクテルを得意とするバーテンダー達のことだ。
折からの健康ブームもあって、ミクソロジストはまたたく間に世界中に広がった。

日本では、銀座のバーRAGEが有名だ。以前ご紹介したORCHARDでも、フルーツのカクテルを得意としている。
バーRAGEも決して悪くはないが、いかにも最先端のBARといった雰囲気が、自分にはちょっと落ち着かなく感じてしまう。友人を連れて行くとすれば、居心地やヘルシーさを考え、「BAR yu-nagi(バー・夕凪)」の方を選ぶだろう。
続きを読む

気軽に寄れる駅近居酒屋、浦和「楽多」 (13/3/1)

浦和駅周辺は飲食店が豊富だが、県庁や伊勢丹のある西口に比べると、東口はかなり心細い。それでも、駅前に浦和パルコが開業した2007年以前と比較すれば、格段に向上している。
日本酒が美味しい店も、北に「升楽泡」、南に「さなぶり」があるから、店数を考えれば健闘している方だ。

これにもう1軒、駅から100mもないほどの場所に、美味しい日本酒が飲める居酒屋が加わった。東仲町商店街の「楽多(らった)」だ。
場所は、浦和駅の東口を出て、左手の商店街を入った最初の右角。「升楽泡」の1つ手前のビル1階にある。
続きを読む
記事検索
livedoor プロフィール